不動産売却や不動産査定の委任契約とは

不動産売却や不動産査定の委任契約とは、不動産売却や不動産査定をおこなう際、一般触媒契約や専任専属触媒契約、専属触媒契約のことを委任契約といいます。
不動産売却や不動産査定の委任契約は、昔は口約束で大丈夫でしたが、現在では書面にしなければいけません。不動産売却/不動産査定の委任契約は一般触媒契約2社以上の不動産と委任契約を結ぶものであり、専任専属触媒契約という委任契約は1社としか結ぶことが出来ません。専属触媒契約という委任契約も1社としか結ぶことができません。
自分でマンションやアパートなどの不動産売却や不動産査定は難しいので委任契約を積極的に結んでいきます。一般触媒契約は不動産会社のメリットが少ないので専任専属触媒契約、専属触媒契約の方が不動産会社は本気で不動産売却や不動産査定を行ってくれますので利用をするならば、専任専属触媒契約、専属触媒契約の方をお勧めします。
委任契約など専門知識がいる場合や大きな売買に関しては、専門家を通じて行うことが最善の策ではないでしょうか。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp