印紙税について

不動産売却のときに必要になってくるのが印紙税です。不動産査定時には必要ありません。不動産売却のときにのみ必要になってくるのですが、この印紙税とはいったい何なのか説明をしていきます。
印紙税には、課税対象となる文書に対し、印紙税額に相当する印紙を貼って納付をするという決まりがあります。
印紙税額に相当する印紙を貼っていないと事業者の場合は税務調査の際に不動産売却の領収書や契約書を見られ、印紙税額に相当する印紙が貼っているかどうかをチェックされます。個人の場合でも不動産売却の不動産を購入したとき住宅ローン控除を受ける為の確定申告の際には、契約書等に収入印紙が貼ってあるかどうかがチェックされます。印紙税額に相当する印紙が貼っていないとペナルティーが課せられます。
不動産売却は個人でおこなう事は大変難しい事です。不動産売却をおこなうならば、不動産売却のプロである不動産会社に任すのが一番効率的であるといえます。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp