売主について

 2014-02-03   不動産査定 | 不動産売却 | 売主 | 価格 | 注意 |
売主は不動産売却・不動産査定時に勘違いしてしまう事があります。売主が不動産売却・不動産査定時に勘違いしてしまうことは、不動産査定時の値段が不動産売却時の価格と間違えてしまうという事です。売主に理解しておいて欲しい事は不動産査定が不動産売却ではないという事です。あくまでもその不動産査定額で売れのではないのか、という点です。不動産査定は目安ですので売主はその値段で不動産会社が販売してくれるものだと思ってしまうようです。
売主はそれらの点を考慮して、売主は不動産会社に任せなければいけません。
また売主は全幅の信頼を不動産会社に任せなければなりません。さらに全国チェーンの大手の不動産会社が有利だと考えられます。全国チェーンの大手では地方で販売されている売り地を都市部の人が購入することが出来るわけです。地方では売主が満足する不動産査定額で購入する事はあまりありません。そのような資金力のある人は都市部に集中しているからだからです。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp