不動産会社の選び方、担当者の見極め方

 初めてマンションを売ろうと思った時に、最初に問題になるのが、不動産会社選びです。
 家の郵便ポストや新聞の折り込みに、不動産に関するチラシがたくさん入ってきませんか?それらを見比べてみても、どこがどう違うのか?全く分からないと思います。
「査定を依頼する会社、売却を依頼する会社が多すぎて、どう選んでいいのかわからない。」という方の為に、ここでは、不動産会社を選ぶ際、どこと媒介契約を結ぶべきなのか?選定する際の注意点をまとめています。

 まず、不動産会社は、大きく以下の5種類に分けられます。
①、分譲会社の系列の仲介会社
②、財閥系・大手の仲介会社
③、マンションに特化した仲介会社
④、地域に密着した地元の仲介会社
⑤、不動産売却に特化した仲介会社

 売却に対する会社ごとの取り組み方も重要であることは、間違いないのですが、それと同様に、担当者選びも重要です。
 正しい担当者選びのポイントと言えるのは、しっかりコミュニケーションが取れ、自分と相性が合う人であることはもちろん、不動産取引のスキルや提案のレベルが高いかどうかという点です。
 スキルやレベルを見極めるには、担当者に質問する内容をよういしておくことが重要です。「本当にこの査定額で売れますか?」という質問をする売主が多いですが、いくらで売れるかは担当者でも分かりません。この質問はあまり意味がありません。
 効果的な質問の事例を3点ほど挙げさせていただきます。

①、「どういった時に価格を下げますか?」
②、「購入されるターゲットは、どのような人ですか?」
③、「広告活動はどの程度やっていただけるのですか?」

 初めてのことをする場合は、慣れていないだけに、失敗なく終えることの方が少ないのは間違いないです。これは、マンションなど不動産の売却にも同様に言えます。
 ですので、その為に、上述のような質問をして、どういった回答が返ってくるのかが、ポイントになります。各社の方針も異なれば、担当者ごとの反応も違います。ご自身の方針に近い会社、、納得できる回答を頂ける会社との媒介契約を推奨します。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp