大手不動産会社にお願いすれば間違いない?

 不動産を売却する為の買主との仲介に関しては、自分で買主を見つけられる人は別ですが、不動産会社に販売や営業を委託しなければ、まず、売れません。まず、販売の第一歩が不動産査定です。不動産の仲介は1社と専属で契約するのが通例です。媒介契約と言われています。この媒介契約について少し説明すると、3つ程、媒介契約には種類があります。1つは、複数の会社と結ぶ媒介契約ですが、これには、仲介会社は定例の報告義務が発生しないのと、他の会社にも依頼されていると感じる不動産会社の都合でもありますが、ほとんど、頑張ってくれないという事で、実績も少なく、まず、お勧めしません。
 残りの2つは専属契約となっており、定期的に販売活動や営業進捗を報告する義務が生じ、自分の会社にのみ契約してくれる契約形式の為に、契約した不動産会社も真剣に売却活動をしてくれます。一般的なのは、後者の専属契約です。
 ここで買主が不安にもなり、迷うのが、専属契約する不動産会社の選定です。インターネット上で不動産の一括査定などを行うと、数多くの不動産仲介業者から簡易査定の連絡が来ます。おそらく、一般的には、査定額で選ぶか、知名度といった大手の安心感などを考慮して選ぶといった方が多いと思われます。
 査定額で選ぶもの良いでしょう。しかしながら、車の査定と異なり、査定したからと言って購入するのは、買主であり、その不動産査定会社ではありません。高額な査定をしてきたからとって、よほどの納得感のある理由でない限り、信用できません。間違っても、「独自のルートがある」、「販売実績がある」なんて言葉に、負けないでください。「独自の販売ルートがあるなら、買主も決まっているんですね?」と尋ねてください。きっといません。また、「販売実績がある」そりゃ、不動産会社なので、実績があるのは当たり前です。しかも、相場は常に変動しています。なぜ、その価格の査定額なのか?場所、築年数、間取り、近隣の現在の事例、などしっかりした理由が無い査定は無視した方が得策です。その会社の営業トークでしかありません。
 さて、本題の大手の不動産仲介会社なら安心なのか?といった設問ですが、結論から言えば、あまり関係ありません。場合によってはデメリットが存在することがあります。まず営業活動という点です。実際に不動産の売却の為の営業活動が開始されると、レインズという不動産会社の売却希望物件の登録サイトに登録する義務が生じます。その情報を見て、他の地域の不動産会社が買主を仲介してくれます。また、近隣の不動産会社などを営業して、紹介してもらうように依頼していきます。つまり、販売の流れは大手も地場も中堅どころも一緒です。査定の段階で、どういった営業活動を行ってくれるのか?どういった報告がどの程度のスパンで行われるのか?具体的であればあるほど良いです。他の不動産会社からの営業活動の方が具体的で、細かく、安心な内容と思われるようであれば、大手である必要がありません。数多く全国で扱っている大手の実績の安心感は、数多くの物件の中の一つになってしまう、といった問題と背中合わせである可能性もあります。
 二つ目は、ルールが厳しいという事です。この厳しさは、メリットでもデメリットでもあります。大手であれば、しっかり業務フローに乗っ取って、販売活動を行ってくれることでしょう。しかし、それ以外の方法となると、業務フローに無い行為なので、なかなか着手されることは無いでしょう。営業時間外に買主サイドと折衝してくれるでしょうか。また、手数料や手付金に関しての交渉なんて論外と言えます。会社のルールにのっとってサービス提供しているので、場合によっては、急に会社都合で、この日までに入金してほしいといった会社都合を押し付けてくることだって当たり前です。
 もちろん、地場や中堅どころの不動産仲介業者の方が良いと言い切るわけではありません。営業活動という点であれば、上述の通り、どういった販売活動をしてくれるのか?具体的で分かりやすい内容であることが重要、タイムスケジュールなどもあるといいですね。ダメだった場合はこういった施策を実施するとか、そこまで踏み込んだ説明をしてくれる不動産会社が良いでしょう。会社ごとにできる事、でき無い事を把握して、一番、頑張ってくれそうな会社と媒介契約されることが、売却攻略の第一歩です。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp