住み替えしたい場合の買替停止条件、買替特約ってどうなの?

 住み替えを検討した場合、今、住んでいる物件を先に売ってから、新規に購入物件を探すか、逆に、購入物件を決めてから、現在住んでいる物件を売却活動するか、住み替えを検討する人の大多数が悩む話ですが、ここでは、先に購入する場合について、検討してみます。

 本来であれば、一番の理想が、売却も購入もほとんど、同じタイミングで実施できることですが、そうはうまくは行きません。できれば、先に次の目当ての物件を決めてから、今住んでいる物件を売却するといった、安心のフローを考えてみても、それほど、資金的に余裕がある人も多くはありません。とは言え、先に自分が住んでいる物件を売却して、資金的に余裕をもって、住みかえる家を探すというのは、一時的に住む場所を見つける必要が出てくるので、これも、現実的とは言えません。
 ですが、同時に進めていって、新しい家が見つかって契約してみたものの、今生活している家が売れなければ、契約したところで、支払いができないので、違約金が発生してしまいます。
 そんな中、少々便利な契約方式もあります。住み替えたい家を見つけた場合の購入に関して、現在住んでいる物件が売却できなかった場合、購入をキャンセルすることができる買替停止条件とか買替特約といった言い方をするのですが、これを利用することができます。
 ただし、安易にこの条件を手放しで喜ぶことはできません。仲介する不動産会社や、購入する物件の売主の立場になっていただければ、イメージしやすいかと思いますが、キャンセル前提で購入に来ている買主に対して、良い印象は持ちません。値引き交渉もむつかしくなりますし、人気の物件などになってくれば猶更で、特約を受け付けないといった逆の条件を持っているケースも増えています。
 また、特約を利用した場合でも、欲しい物件を見つけて契約したら、急いで現在の物件を売却しなければなりません。特約には期間の縛りがあり、これは、不動産会社や物件などによって特約の内容は異なりますが、期間があるので、短期間で、現在、持っている物件を売却しなければ、希望の物件を購入できないわけですから、おそらく、値引きに応じて売却しなければならない事態が発生する可能性が高く、また、もし、今住んでいる物件を購入したい人が出てきたとしても、その人が、すぐに契約してくれればよいですが、事務手続きや、先方の希望などもあり、なかなか、なにもかもすぐにという訳にはいきません。
 もし、売買が成約したとしても、引っ越しの準備や銀行とのローンの相殺手続きや解約手続き、駐車場などがあれば、駐車場の同様の手続き、学校、会社、光熱費など色々な部分で大忙しになり、正直言って、この買替停止条件とか買替特約は、進めてくる不動産会社などもいますが、実際には、あまりメリットがあるとは言い切れません。
 先に売却活動をしていて、購入してくれそうな買主に目星がついてきている状態だったり、販売活動を始めて、ほどなく、すぐに多くの内覧希望が集まってきていたり、値引き交渉など、交渉が始まっている状態など、売却できるであろう目安がしっかりできている状態であれば、買替停止条件や買替特約を結んでも良いかもしれませんが、そもそも、そういった状態であれば、これらの条件を事前に結んでしまい、購入検討出来る物件の範疇を自分から狭める必要もありません。
 おそらく買い替えの為の現在、持っている物件の売却の為の仲介をしてくれる不動産会社に住み替えを相談すると、この手の買替停止条件や買替特約の説明をしてくる不動産会社は少なくないですが、絶対にお勧めできません。
 逆に、進めてきた不動産会社に、購入物件の相談をしようとすると、これらの条件や特約の事を考えると、それ以上勧めてくることはなくなるでしょう。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp