千葉県浦安市の湾岸リゾート地域は売り時?

 2018-04-02   路線価 | 浦安市 | 舞浜 | 新浦安 | 地価
 浦安市の舞浜や新浦安などの湾岸エリアには高層マンションの建設が続いており、購入希望者が増加しているのです。
 さらに、周辺には有名アミューズメントパークがあり、京葉線によって都内へのアクセス環境も恵まれています。


もくじ
1.ベッドタウンとして成長
2.国内屈指のアミューズメントパーク
3.高層マンション群が人気に
4.京葉線によるアクセス環境


1.ベッドタウンとして成長
 全国には成長を続ける都市がありますが、千葉県浦安市もそのひとつです。近年は財政力指数において上位をキープしており、平成24年度は市として1位となりました。
 そのため、非常に魅力的な都市と言えるでしょう。これだけ財政力があることから子どもの教育や住環境も整っており、若いファミリーから富裕層まで多くの方に支持されています。
 特に舞浜や新浦安などの湾岸エリアは高い人気を誇っているのです。これらの湾岸エリアはリゾート環境も整っているので、売主優位と言えるでしょう。そして、東京への通勤率は49.5%となっており、ベッドタウンという面でも成長を続けています。
 さらに、現在も高層マンションの建設ラッシュが続いており、それだけ近代的なエリアでありながら公園などの緑も多いので住環境が整っていると言えるでしょう。


2.国内屈指のアミューズメントパーク
 浦安市は財政力指数も高く都内へのアクセス環境が整っていることから、購入希望者が増加しています。
 しかし、これだけ人気となっている理由はそれだけではありません。何より、リゾート地としての魅力でしょう。こちらのエリアには国内屈指のアミューズメントパークがあり、シーズンを問わず多くの方が訪れています。
 子どもから大人まで楽しめるアミューズメントパークであり、その周辺には多くの宿泊施設やショッピング施設が建設されているため、常に人で賑わっているエリアなのです。そのため、若い年代の方にとって非常に生活しやすい環境と言えるでしょう。
 しかし、このエリアの魅力は若者だけでなくお年寄りにとっても魅力があります。何よりも湾岸エリアの眺望でしょう。交通の便だけでなく買い物の便も良く、公園や図書館などの施設も充実しているのです。そのため、不動産査定も高くなっています。


3.高層マンション群が人気に
 新浦安と舞浜エリアには高層マンションの建設ラッシュが進んでいます。これらの高層マンションは眺望が良いことから、多くの方から人気となっているのです。
 これらの高層マンションに対してあこがれる方は多く、高級住宅街のひとつと言えるでしょう。埋立地から望む海は景色が良く、これに魅了される方が多いのです。そのため、購入希望者が増加しており、不動産査定も上昇しています。さらに、これらの高層マンションは価格が安定しており、売主にとっても非常に魅力があると言えるでしょう。
 また、これらのエリアには商業施設などが無駄なく配置されており、コンパクトシティーというメリットもあります。特に年齢を重ねてしまうと買い物などが手間になってしまいますが、こういったコンパクトシティーであれば苦労することがありません。


4.京葉線によるアクセス環境
 浦安市の交通網と言えば京葉線でしょう。この路線を利用することで新浦安駅から東京駅まで約20分でアクセス可能なのです。
 そのため、都内に通勤するサラリーマンにとってベッドタウンと言えるでしょう。また、京葉線の路線価は高くなっており、それと同時に地価も高くなっています。路線価や地価は不動産査定に大きく影響を与えているので、非常に重要と言えるでしょう。
 そのため、現在の浦安市の不動産は売主にとって非常に有利なのです。また、新習志野駅と海浜幕張駅間、千葉みなと駅と蘇我駅間に新駅を設置する計画もあり、京葉線はこれからますます便利になると考えられます。
 そして、2020年の東京オリンピックに合わせて開発も進められており、購入希望者は絶えません。

Copyright 2013-2018 不動産を査定する.jp