分譲マンションの不動産売却に把握しておくべき費用、収支計算

 2014-01-25
マンションの不動産売却となりますと、二通りあります。分譲マンション1室の不動産売却と、マンションオーナーによる1棟の不動産売却です。家屋の不動産売却と同様に前者は土地無しで、後者は土地有りです。マンションの不動産売却を考えている方のほとんどは前者であることはいうまでもないでしょう。
分譲マンションの不動産売却ですが、通常の家屋と同じように古くなると価格は安くなります。ですが分譲マンションは下げ止まりなどもあるようですので、自分で住んでいるのではなく、分譲マンションを貸している方は下がる前に売ると簡単に考えずに、家賃収入と維持費などを細かに計算した方がよいでしょう。
投資法として分譲マンションを購入するという方法のセールスが多いですが、不動産売却までを考えると株に比べ出入りは少ないですが、一度の投資金額が巨額になりますので、投資家などの専門家以外の方は避けた方がよいのかもしれません。
また分譲マンションの使用法として、分譲賃貸マンションがあります。これは普通の賃貸マンションよりも設備が良い分譲マンションを使用しているために人気があります。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp