家庭の事情での急な返済期間中の不動産売却を検討している人に知っていてほしいこと。

 2014-01-28
転勤などによる引越しや、結婚、家庭の事情などにより、やむを得ずローンの返済期間中に不動産売却する場合があります。また不動産売却させずに賃貸物件として入ってきた家賃で返済期間中はローンにあて、返済期間が終わると儲け及び財産という形をとる人もいますが、その場合大家になるので、大家としての責務や場合によっては問題を抱えることもあります。ローンは返済期間中は借金と考える人もいますので、それを早く清算したいという人は返済期間中でも不動産売却をするケースがあります。
上記のような理由で返済期間中に不動産売却をなさる方は問題はないのですが、別の債務などにより個人再生法が係わった上でのローン返済期間中の不動産売却は、いろいろと面倒なことが起きます。条件などにもよりますが、不動産売却額-ローン返済残額で儲けがでた時、通常の人ですと単なる儲けですが、再生法を受けた人ですと圧縮された債務を返済しないと再生計画などの都合上問題があります。
ローンの返済期間中の不動産売却は、個人再生法を受けていない人には借金が無くなる手段ですが、受けている人にとっては救いの手にはなりません。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp