買手が決まってから売却まで

 2013-12-10
媒介契約を交わした不動産業者が、希望の条件の買手を見つけ、条件を調整してきます。調整する条件も随時、売主に相談が入ります。売るタイミング、売買金額、その他諸条件の報告また、その際に、条件の修正なども、随時行われていきます。販売が決まり次第、不動段業者が立会いの下、売買契約が結ばれます。不動産会社が代行で行うケースも少なくないです。まずは、売却が決まった時点で、手付金のという形で、販売金額の一部が大体目安は1割から2割が支払われます。売り主側の物件に、ローンが残っている場合は、返済、抵当抹消などの手続きが行われます。その上で、各種の書類を揃えて、不動産の引き渡しになります。ちなみに、引き渡しまでは、その物件に在住することは可能なので、販売期間中、他の物件に引っ越す必要などはありません。税金などのテ法定手続きも、買い手が決まったタイミングで準備しておくと効率よく、引き渡しまで進みます。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp