不動産の仲介と買取は何が違うの?

 2013-12-14
不動産業者の仲介と買取はどのあたりが違うのか?一般的には、仲介は買主を探して買い取ってもらう流れになり、不動産業者の買取に比べて金額が高くなるというメリットがあります。また、仲介手数料は、売れた金額の3%と6万円+消費税というほうりつで定められた金額が発生します。ですので、売れた金額が不動産業者に入るので、必死に交渉してくれるので、高くなりますが、決まるまでに時間を要してしまします。また、不動産業者の買取となると、査定して、見積もりして、売却という流れですが、不動産業者が買い取るので、値切りの交渉もあるでしょう。ですので、売り値が安くなりがちです。ですが、見積もって購入と言う至って単純な流れなので、非常に短時間で契約にたどりつけます。仲介と買取では、不動産業者の立ち位置が、売り手の味方になったり、敵とは言いませんが、味方から少し距離を置いた立ち位置になります。ですので、すぐに売る必要があるのか?など、色々自分の状況に合った方法を選択することを推奨します。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp