内装に傷みがある部分は修理してから査定してもらった方が良いのか?そのまま売却できるのか?

 2013-12-25
不動産を売却しようと思って、不動産業者に査定、見積もりをしてもらう時に、少しでも評価額を上げたいということで、傷んでいる箇所を修理しようか、悩みますよね?もちろん、キレイであった方が保存状態が良く見えるので、見積もりや査定に影響が無いとも言い切れません。ただし、壁紙のように、張り替えれば治るような簡易なものから、完全な取り換え工事が発生しそうな水回りなど、色々あると思いますが、不動産業者に詳細な査定の際に実際に見てもらい、直した方が良いのか?コスト計算などをしてもらった方がいいです。不動産業者なので、修繕する費用の計算は簡単にできますし、直した場合とそのままの場合で、どの程度、評価額が変わるのか見てもらってください。それからでも遅くはありません。また、売却の際ですが、売主次第でもありますが、引き渡すからといって修繕する必要はありません。その部分を踏まえての売買契約になります。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp