売渡証書について

 2014-02-06   不動産 | 査定 | 売却 | 売渡証書 | 所有権転移
不動産売却や不動産査定を行う場合は売渡証書が必要となります。売渡証書とは所有権移転の登記を申請する際に使う原因証書であり、不動産売却・不動産査定をしたい場合はこちらの方を作成しなくてはいけません。売渡証書を作りたい場合はまず不動産売却や不動産査定を担当している司法書士に連絡を入れるようにし、そこで不動産売却・不動産査定に関する相談を行います。これだけですぐに売渡証書を作成してくれますから、今まで一度も作った経験が無い場合でも問題はありません。
不動産売却や不動産査定を担当した司法書士に相談して無事に売渡証書を作り出せたら完済日に売主と買主が署名し、次に登記所に提出します。これにより所有権が正式に移転しますので不動産の売却額を得られるのです。勿論不動産売却・不動産査定及び売渡証書で何か分からない点がある場合は司法書士の方が教えてくれますから、疑問がある場合は早めに解決しましょう。売渡証書自体はすぐに作成出来ますし、不動産売却や不動産査定もそれ程時間を必要としないので特に問題はありません。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp