特別控除はかかるか

 2013-12-13   不動産 | 売却 | 特別控除 | | 公共事業 |
不動産売却を行った際に譲渡される金額の計算を行っていくことになります。ここで気になるのが特別控除です。特別控除は特例によって控除の対象や金額が大きく変わります。不動産売却でもしっかりと確認していくことで資金が大きく変わってきます。
不動産売却における特別控除はどのようなものがあるのでしょうか。まずは公共事業などが入ってくるために不動産売却を行った時です。ここでは特別控除として5000万円の特例が働くことになります。次に自分の住む家を不動産売却した時です。この特別控除の特例は3000万円となっています。続いて特定土地区画整理事業など国の措置による不動産売却をした時には2000万円の特例が働くことになります。特別控除は他にも国内にある不動産が平成21年または22年に取得したものならば特別控除として1000万円、農地にするために不動産売却を行った時には800万円の特別控除が働くことになります。どのような土地にするために不動産売却を行うかで、特別控除は大きく変化します。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp