中古マンション売却を早期に決める、プチ内見対策。

  築年数が30年近くあるため、昔はそれほど、価値が無かった地域でも、気づいたら、道路や鉄道が整備されてしまい、昔は安かったので広いマンションということで購入したものの、今では、価値が跳ね上がってしまい、なかなか、買い手が付かず、先日リフォームしてみたものの、更に、価値が上がってしまい、まったく売れない状況を打破した方法があるので、ご紹介します。

スペック:
エリア:洗練されたエリアとして、おしゃれな町並みで人気の世田谷区、強豪物件が居並ぶ地域といえる
物件:築30年でも、しっかりしたマンションのイメージで、バブル物件のようなイメージで、最近、リフォーム済み
売主:30代男性

プチ内見対策:
新築のモデルルームを参照。室内に高そうな観葉植物とそれを入れる植木鉢を備え付けましょう。また、照明も間接照明を使用し、レフランプを使い、なるべく蛍光灯の使用は避け白熱灯にしました。また、部屋ごとに、アピールできる部分をパネルで説明することで、内見者自体が増え、今まで成約までに結びつくどころか、内見だけで終わっていたのが、スグに商談に結び付き、販売を可能としました。
新築物件を内覧してみて、採用できる内容は、実際に自分の物件にも取り入れてみてはいかがでしょうか?

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp