不動産を高く売る為の情報集め、委託会社の選び方

インターネット上でマンションや戸建て、土地などの不動産売却希望物件情報を調べることが出来なかった時代は、「同様のマンションの他の階で200万円安い物件がある」などということを、知る由もありませんでしたが、今では、簡単に調べることが出来るようになりました。
あなたと同じマンション内で、部屋Aが3,800万円、部屋Bが4,000万円で掲示されているとします。このケース、ほとんどの買主は片方だけ見て決めるという事はありません。両方を見比べて、じっくり検討します。
値段が高い理由がある、安い理由がると、しっかり調べた上で購入を検討します。
こういった状況で、あなたの部屋Cの査定額がいくらであっても、あまり意味をなさないと思いませんか?3,800万円から4,000万円の間で出すか、それとも、その上下か、査定額が高い低いよりも、実際にいくらで売りに出すべきかの方が重要と言えます。
更に、極端な言い方をすれば、売る側はじぶんで値段を決めるしかありません。
不動産会社に査定価格を高くできないかを相談するのではなく、いくらで売りに出すかの意見を確認する方が重要で、そして、幾らに設定するかを判断するのです。
査定はあくまでも、参考数値です。早く決めて、早くお金がほしいという場合なら、4,000万円という査定額でも査定額でも3,800万円で売り出す方が良いでしょう。早く決めなくても良いという事であれば、「数か月経過して、売れなかったら3,800万円に下げる」というように、決めることもできます。つまりは、ある程度、余裕をもって売りに出す方が良いと言えます。
良心的な不動産会社であれば、最初はチャレンジした高めの価格を提示してくることでしょう。つまり、売主さんが「査定価格よりも高く売りに出したい」というのであれば、当然、その要望に応えるという事です。

 実は一番重要なのが、売出価格の決定よりも、価格を下げる時なのです。
 やれる事をやり尽くしていないのに、値段を下げようとする不動産会社も、たくさんあります。「チラシもまきました、WEBサイトにも小さいサイトまで網羅して掲載させました。しかしながら、内見の要望や問い合わせ自体も少なく、どうしても、売れません。ですので、価格を下げてみませんか?」と、やることをやって初めて値段を下げるべきなのです。
 先の専属専任媒介契約をした場合は1週間に1回、専任媒介契約は2週間に1回、不動産会社からレポートが来ることになっています。それを見れば、やることをやっているのか、いないのかが、よく分かります。
 やるべきことを全然やっていないのに、「ダメです。そろそろ価格をこのくらいに下げませんか?」と、とにかく値段を下げることばかり、提案してくる不動産会社とは、媒介(仲介)契約を解消するべきです。
 媒介契約後の売るプロセスで、やるべきことをやっている不動産会社を選びましょう。また、現在契約中で、同様に、この不動産会社はしっかり販売活動をはってくれているのか?疑問に感じた場合は、他の不動産会社に依頼して、現在媒介契約をしている不動産会社から定期的にもらえるレポートを見せて、この販売活動は間違っていないか、不足点はないか、確認してもらうのが、一番早いです。
 思わぬアドバイスを貰えることもあるので、安心した販売活動をするために、契約中の不動産会社に不安を覚えたら、他の会社と面談して、見てもらうというのも、攻略法と言えるでしょう。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp