希望の条件で売却してくれる不動産会社を見分けるコツ

 不動産の売却を検討する場合、ご自身で売り先を見つけられない限り、プロである不動産会社に委託するより他、手段がありません。しかしながら、不動産業界のルールで専任媒介契約をした場合、他の不動産会社と比較することは出来ず、契約した先としか、条件面の交渉等を行うことが出来ません。

 物件の販売活動は十分に行われているのか?物件の情報を広範囲に大手から中小の不動産会社にも公開できているのか?新聞の折り込みや、インターネットの広告なども利用しているのか?比べる対象が無いという状態になります。不安ですよね?初めて自分の不動産、マンションを売却したいと考えている人であれば、尚更と言えます。

 ですので、契約した不動産会社がしっかり、販売活動、営業活動を行っているか、売主が、ご自身で確認していく必要があります。以下の内容を確認されることを推奨します。もちろん、全て問題なかったとしても、完璧である保証はありませんが、もし、複数漏れているような不動産会社は不信に思っても良いかもしれません。

【媒介契約する不動産会社を見分けコツ】
【1】物件の近隣事例を数多く提供し、不動産査定の価格の理由を明示してくれるか?
【2】過去の類似物件を引き合いに出して、それより、低い金額を提示した安易な見積もりをしていないか?
【3】「この物件の購入希望があります。」と言う言葉を繰り返しているが、実際、最も良い条件(金額)で買うかどうかが不明瞭な場合
【4】他の不動産会社にも情報開示する意思があるかどうか?積極的販売活動をする意思があるかを確認できます。
【5】インターネットで全国の不動産会社に情報共有するレインズに物件情報を登録してくれるかどうか?
【6】おとり広告のような手法で、新聞折り込み、ポスト投函で広告を配っていなかったかどうか?ちなみに「おとり広告」と言うのは、配られた先の地域の住民と契約したいが為に、「その地域の物件を探している買主がいます」といった見せ方でチラシを配っている事を言います。
【7】自社のホームページを持っているかどうか?持っていれば、そこに数多くの物件情報があるか?他の不動産会社と比較してみてください。
【8】媒介契約の際に、売却が成約した際に、不動産会社に支払う仲介手数料がありますが、この仲介手数料を値引くという甘い提案をしてこないか?確かに、仲介手数料が安くなるのは嬉しいですが、両手仲介と言い、売主だけでなく買主からも仲介手数料を取ろうとする意図が見えます。両手仲介をされると、自社で情報を囲って、外部に情報提供しなくなり、販売活動を遅々として進まない傾向になり、両方から仲介手数料が貰えるので、安易に、契約が進むように、販売価格の値下げを交渉してきます。つまり、売却が遅れて、しかも、成約金額が安くなります。
【9】「成約が無かった場合、当社が買い取ります。」といった甘い誘惑がないか気を付けてください。高額査定を行って、最後は安い価格で不動産会社が買い取るという、ひどい手法です。

 もし、よろしければ、上記のチェックポイントをご利用くださいませ。
 ちなみに、全ての項目が重要な確認事項ではありますが、最近の傾向として、特にインターネットを利用しているか、充実しているかは、大事なポイントになりがちです。
 スマートフォンなどの新しいデバイスの登場で、インターネットからの検索が多くなり、現地のチラシから見に来る現地の相場観のある人以上に、インターネット経由の問い合わせの方が、現地の相場観が薄く、高額で成約する事例が多くなっているので、大事なポイントと思われます。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp