広告チラシから見る不動産会社の見分け方、交渉内容

 お持ちのマンションや戸建て住宅を販売したいと考えていて、不動産会社の選定に迷っているとか、これから不動産会社に見積もりや査定を投げてみようと考えている方に、広告チラシから考える不動産会社の選定方法があります。

◆普段から新聞の折り込みチラシなどに目を通そう
 良い不動産会社を選ぶとき、おそらく、担当者が出してくれた査定額、見積もり額や、近隣での実績などを元に選定される方が多いかもしれませんが、もちろん、それ等も大きな選定要因になりますが、もう1点、チラシから選定するという方法もあります。
 いくら良い査定額を出してくれても、見積金額を出してくれたとしても、実績が豊富ですといった案内をしてもらっても、実際に売ってくれなければ意味がありません。また、買主の見つけ方というのは、大体決まっており、販売方法に着目した選び方というのもあります。
 販売方法の中でも、分かりやすいのが、近隣住宅などの新聞の折り込みに入っている広告や、ポスティング広告です。

◆折り込みチラシって重要なの?
 不動産会社と媒介契約を結ぶと、どこの不動産会社でも大体実施する内容は同じです。まず、レインズという不動産業者専用の売買の情報サイトに、新規として登録してもらい、全国の不動産会社に見てもらえるようにします。こうすることで、あなたの物件の近隣で探している人が全国の不動産会社にやってきて、問い合わせされた際に、あなたの物件を紹介してもらえる可能性が広がります。
 また、次に、契約した不動産会社のホームページや、Yahoo!不動産、home’sや、スーモなどの不動産情報サイトに登録してもらい、全国のネットからアプローチして、インターネット経由で検索した場合に、あなたの物件がヒットできるようにしてもらいます。
 上記、レインズでの施策も、ネットを使った集客のいずれも、遠隔地に住む人などの閲覧が中心になりますが、中古物件を購入する人、つまり買主は、大体、近隣の人が多く、近隣の人は、新聞の折り込みチラシやポスティングの情報などから、興味を持って、不動産会社に連絡してくるといった流れが多く、最も、成約率が高く、効果という面では一番無視できない広告媒体と言えます。

◆では、とうやってよい不動産会社を見分けるのか?
 折り込みチラシやポスティングの重要性はご理解いただけたかと思いますが、では、不動産会社の見分け方ですが、まずは、普段からポストに入ってくる中古のマンションや戸建て住宅のポスティング広告のチラシや、新聞の折り込みチラシを集めるところから始めます。
 大体1か月程度集め続けると、不動産会社の広告チラシポスティングチラシは集まるので、その中で、まず、色がカラーでない広告を使っている不動産会社を省きます。白黒などのチラシはそもそも見栄えが良くない広告を見て、その物件に興味を持つでしょうか?なんといっても新築の物件は、かなりの費用と予算をかけて、広告します。そんな新築のチラシには及ばないにしても、フルカラーである程度キレイで、伝えたいメッセージが分かりやすいチラシにこそ、反応します。
 広告が安っぽければ、物件も安っぽい物件として扱われ、見られることもないです。
 カラーの広告で見やすいかどうか?そのチラシを見て、興味が沸くよう内容になてっいるかどうかという点で、不動産会社を選定する際のファクターに入れてみると良いでしょう。
 また、現在、良い条件で交渉してきている、納得できる内容で提案してきている不動産会社がいれば、広告のチラシを見せてもらい、白黒や、興味が沸かないような広告チラシであれば、自分でよいと思ったチラシを見せて、こういったテイストのチラシを作ってほしいといった事を伝える、交渉することも重要です。
 ポスティングチラシや新聞の折り込みチラシは、売れるかどうか、数多くの人に見てもらうツールの中でもかなり重要ですので、是非、交渉をされることをお勧めします。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp