不動産売却で相場よりも高く売るには?コツを知りたい

 不動産売却で高く売るためには、査定額が高く、販売実績が高い業者を選ぶことが大切です。ただ注意点もあるので、その辺を紹介していきます。
 また内覧時により良い印象を持ってもらえるように、第一印象である玄関を綺麗にし、部屋の明るさや臭いにも気を使うようにしましょう。


不動産売却で少しでも高く売るには?
1,最初に必要なのは業者を吟味すること
2,値下げ交渉が無いようにしよう
3,内覧の掃除における注意点とは?
4,住んでいると気が付かない臭いに注意すること


1,最初に必要なのは業者を吟味すること
 不動産売却を行う時、相場よりも高く売りたいと考えている方も多くいるのではないでしょうか。相場よりも高く売るには、素人では無理と考えている方もいますが、少しのコツを知っているだけで、誰でも相場より高く売ることは可能です。
 相場より高く売るには、最初にどの業者を利用するか吟味する必要があります。例えば不動産の一括査定サイトを利用することによって、業者ごとの査定価格を一括で調べられます。
 一括で調べた情報から、査定価格の高い業者を選ぶのも1つの手です。ですが、査定価格をもとに売り出し価格が決まったとしても、その価格で買い手が決まらなければ意味がありません。
 そのため不動産売却の業者の実績や評判を考慮して、買い手がすぐに見つかる業者なのかという点を踏まえて、どの業者を利用するか選ぶことも忘れてはいけません。


2,値下げ交渉が無いようにしよう
 不動産を高く売るコツは、売り出し価格だけで決まるわけではありません。
 最初の価格設定が高いとしても、値下げ交渉によって、売れる値段が下がってしまうこともあります。そこで、値下げ交渉無しで売れるように工夫することも、高く売る方法として忘れてはならない点となるのです。
 値下げ交渉をなくすためには、価格以上の価値がある中古マンションだと内覧に来た方に感じてもらうことが大切です。
 もちろん買い手も少しでも安く買いたいとの考えがあるので、価格交渉は必ずするという方もいます。
 そこで価格交渉があることを踏まえて、最初から査定額や売り出し価格を相場より高くしておくのも1つの手です。値下げ後の価格が、相場よりも高ければ、最初の価格より下がったとしても、相場よりは高い値段で売却できます。また値下げ交渉について、最初に不動産業者と打ち合わせを行っておくことも大切です。


3,内覧の掃除における注意点とは?
 不動産売却では、内覧の印象が悪いと、購入に至らない可能性が高くなります。
 そこで中古マンションの内覧前の掃除では、どのような点に注意すればいいのか把握しておきましょう。
 まず押さえておきたい点が、何事も第一印象が大切という点です。
 中古マンションにおける第一印象は、玄関です。玄関が汚いと、室内に入る前に、悪い印象を持たれてしまいます。
 掃除しても暗いと、イメージが悪くなってしまうので、照明を工夫して、なるべく明るくて綺麗な玄関になるよう工夫しましょう。
 また忙しくて時間がない時の掃除の方法としては、水回りを重点的に行うことも大切です。キッチンや洗面所は、特に重視して確認する方が多くなっています。余裕があれば、ハウスクリーニングの業者に依頼するなどして、買い手により良い印象を持ってもらえるようにする方法もあります。


4,住んでいると気が付かない臭いに注意すること
 中古マンションの内覧前に忘れていけないのが、臭いの問題です。
 自分が住んでいる家だと、普段臭いを気にするという方はあまり多くありません。
 ですが、生活をしていると、他の方にとっては気になる生活臭がしています。
 そこで内覧に来た方が臭いを気にせずにすむようにするためにも、消臭スプレーなどを利用するようにしましょう。
 香りの強い香水は、匂いが混ざって嫌な印象を持たれる可能性があるので注意が必要です。さらにリビングで明るくて良い部屋だと思ってもらえるように、日中ならばカーテンをすべて開けておきましょう。
 冬場でなければ、窓も開けて、風通しの良い部屋であることを印象付けるのも1つの手です。少しの工夫によって、部屋を見に来た方の印象は大きく変わります。だからこそ掃除だけではなく、部屋を明るくしてより良い印象を持ってもらえるような工夫が大切です。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp