不動産売却の流れ、損しないための不動産会社の選び方

 マンション売却の基本的な流れの中で、不動産査定と媒介契約を締結するのは不動産会社を慎重に選び、契約内容を考える必要がある重要な段階です。比較を行って決断することが大切になります。その後も価格交渉があることや税金の納入をする必要が生じることを忘れないようにしましょう。


不動産売却の流れと注意事項
1,マンション売却の基本的な流れと不動産査定
2,媒介契約を締結する方法
3,売り出しから売買契約へ
4,決済後に忘れてはならない確定申告


1,マンション売却の基本的な流れと不動産査定
 マンション売却を行うときには、売りたいマンションの査定を受けて売却価格を考え、不動産会社と媒介契約を結ぶことによって始まります。
 そして、購入希望者が登場したら内覧をしてもらい、購入を希望してもらうことができたら売買契約を結ぶのです。そして、決済と引き渡しを行って、最終的にはそこで得た売買の利益や損失に基いて確定申告をします。
 これが不動産売却の流れです。
 最初に行う不動産査定では自分のマンションなどの価値を正しく評価してもらう必要があります。それを手際良く行うためには簡易査定と訪問査定を組み合わせて利用するのが効果的です。
 複数の会社による一括査定を簡易査定で行って高い評価をしてくれる不動産会社を選び出し、その中から2社か3社程度を選んで訪問査定を行ってもらいましょう。その査定価格を比較して最も妥当な価格を出してくれた不動産会社を選ぶのが手早く良い会社を選び出す方法です。


2,媒介契約を締結する方法
 マンション売却の流れの中で次に登場する手続きは媒介契約を結ぶことです。
 媒介契約には三種類あるので適切なものを選んで締結するようにしましょう。注意点として一つの会社に任せるか、複数の会社に任せるかをまず考えておくことが大切です。一般媒介契約、ではいくつの会社に任せるのも自由ですが、専任媒介契約や専属専任媒介契約では一つの会社にのみ仲介を依頼することになります。
 広範囲に宣伝したいというのであれば一般媒介契約が優れているでしょう。しかし、専任媒介契約や専属専任媒介契約の方が契約を結んだ不動産会社が高い確実性で仲介業務を利益につなげられるため、売り出しに尽力してくれる可能性を期待できる面もあります。専任媒介契約や専属専任媒介契約では業務報告の義務もあるので確かに買い手を探してくれているということを確認することもできるでしょう。


3,売り出しから売買契約へ
 マンション売却の流れで大きな手続きはこれでしばらくはありません。媒介契約を結んだ時点で売り出しは不動産会社に任せることになるからです。
 しかし、購入希望者が現れると対応が必要になります。内覧をしてもらうときに少しでも良い印象をもってもらえるようにマンションをきれいにしておきましょう。第一印象で購入するかどうかが決まってしまうこともあるので注意が必要です。
 良い物件だと考えてもらえると購入を申し込んでもらえるので、売買契約を締結する段階に入ります。注意点となるのがほぼ確実に交渉が行われるということです。少しでも安く買いたいと考えるのが買い手の心理であり、少しは値段を下げる必要が生じる可能性があるということを念頭に置いて売り出すときの価格設定を行うようにしましょう。
 価格交渉で妥協しやすい端数を作っておくのも良い方法です。


4,決済後に忘れてはならない確定申告
 売買契約を結んだら期日に決済と引き渡しを同時に行うことになります。
 家のキーだけでなくマンションに関連する書類は全て整えて引き渡すことになるので準備を忘れないようにしましょう。
 その日をもって手続きは終わりと考えてしまいがちですが、不動産売却の流れの中で忘れてはならないのが税金です。
 不動産売却によって利益が生じたときには譲渡所得税などを支払う必要があり、逆に損失が生じたときには確定申告をすれば損益通算を行って過払いになっている税金の一部が戻ってくる可能性があります。
 譲渡所得は単純に不動産の売却価格から購入価格を引き去ったものではなく、そこからさらに諸経費を引くことができるのが注意点です。仲介手数料などがわかる書類は必ず残しておいて確定申告のときに計算できるようにしましょう。売却益が出たときには特例を適用すると減額できる可能性もあるのは覚えておくと良い点です。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp