不動産の査定がたくさん届いたケド、何を比較すれば…?

 不動産売却査定を依頼する時は、査定結果を参考にベストな会社を選ぶことが大切です。
 各社のメリットやデメリットを比較して、買い手が見つかりやすい販促を行う所に依頼をします。不動産の種類や場所によっても、最適な依頼先は変わってきます。


不動産査定が複数社から届いたけど、何を比較するの?
1.不動産査定結果の比較が必要になってきます
2.匿名で利用が出来るサービスです
3.それぞれの会社の魅力を比較
4.どのような販売を行うかが見極め所です


1.不動産査定結果の比較が必要になってきます
 不動産を売却する時に、不動産売却査定を行う方が現在では非常に増えています。このような不動産の一括査定を依頼すると、通常はその物件を取り扱う色々な会社が査定結果を提示してきます。
 不動産査定は基本的に無料で利用が出来るサービスであり、売却を考える際には非常に便利です。各社の一括査定の結果を見て、いずれの会社に依頼するかを決めるのが次のステップとなります。
 オンラインで申し込みが出来る不動産売却査定は、ほとんどが簡易査定のスタイルをとっています。簡易査定は、オンラインで提供した物件の情報を元に、不動産会社が大まかに見積もった金額を提示する査定サービスです。
 無料で利用が出来る反面、一律的な評価になりやすいというデメリットも少なからず伴います。比較をする際に、金額という情報しか得られないのもデメリットの一つです。


2.匿名で利用が出来るサービスです
 オンラインの不動産査定は、匿名で利用が出来る点がメリットとなります。
 多くの場合、メールアドレスなどを公開するだけで済みますので、電話やダイレクトメールによる販促のアプローチを避けることが出来ます。
 ですが、このような匿名のスタイルで不動産査定を利用した場合、より詳しい情報を知るためには自ら行動を起こす必要が出てきます。
 各社の比較をするためにも、公式ホームページや口コミを見るなどの対応が必要です。昨今は、地方の物件を扱う大手不動産会社が全国に見られます。
 一括査定を利用すると、地場の会社だけでなく大手の不動産会社も見積もりを出してくることがあります。
 従って、売却を依頼する会社の選択肢は増えますが、選ぶ際にはかなりの迷いが生じます。宅地やマンションなどの場合は、特に取り扱いの対象とする会社が多く、比較検討が求められてきます。


3.それぞれの会社の魅力を比較
 最適な会社を選ぶに当たっては、各社のメリットを比較してみるのが一つの方法です。例えば、大手の不動産会社の場合は、情報量が豊富で取引事例も多いのが一般的です。
 不動産業界でのネットワークも充実しており、広い範囲で不動産の宣伝をしてもらうことが出来ます。大手ならではの安心感があるのも、利用する側にとっては一つの魅力です。
 一方、地場の会社は、地域密着の営業を得意としています。
 その地域ならではの特徴を踏まえて、地元での取引を円滑にしてくれるというメリットがあります。
 現実的アドバイスが得られるのも、地元の不動産会社を利用するメリットです。
 出張料なども通常は発生せず、実際に会社まで赴いて担当者と直に相談が出来るという良さもあります。個人経営の会社の場合は、プライベートな相談にものってもらえるケースが多いです。


4.どのような販売を行うかが見極め所です
 最終的に判断を下す際には、その会社の営業スタイルが決め手となります。
 売却を依頼した場合に、どういった販促活動を行うのかを比較します。
 大手の不動産会社の場合は、全国展開のチラシや情報サイトなどで大々的に宣伝を行う可能性が高いです。
 買い手の幅を最大限に広げたい場合は、このような宣伝を行う大手の会社を選ぶと良い結果が期待出来ます。
 各地域の不動産会社でも、最近はインターネットを活用して販促活動を行っています。ただ、自社のホームページなどを通じて物件を紹介するケースが多いため、その地域で不動産を探している方の目にしか、情報が伝わらない可能性があります。
 ですので、大手の会社に比べると、買い手の幅が狭くなると予想されます。元々、買い手がある程度絞られる不動産の場合は、このような地元の会社を利用した方が、早く買い手が見つかることもあり得ます。不動産の種類に応じて、ベストな会社を選ぶのが不動産売却のコツです。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp