愛知県名古屋市都市部の不動産査定や地価の状況などを知りたい

 名古屋市は大都市のため土地の価格が高く、戸建ての住宅から引越すために郊外のマンションを選びました。査定金額は常に変動するため最新の不動産情報を確かめ、路線価の動向を把握すると決めやすくて利益を出せて良かったです。


もくじ
1.まずは知ることが大事!
2.場所ごとの特徴を把握する
3.最新の不動産情報を確かめて動向を分析する
4.査定額以外で媒介契約先を見抜くポイント


1.まずは知ることが大事!
 愛知県名古屋市の自宅を引越すため、なるべく高く売れる方法を探すことにしました。まずは、よくありがちな不動産の一括査定サイトを利用して、数多くの不動産会社の査定を出してもらう事にしました。
 郊外という事もあり、大手の不動産会社だけではなく、地場の不動産会社や、商社系の不動産会社など、数多くの可能性を追求したいと思い、簡易査定は10社以上から出してもらいました。
 その中から、金額で高い査定を出したところや、低い査定を出したところ、地場、中堅、大手など、全く異なる会社、査定額の不動産会社に実際に自宅まで来ていただいて査定してもらいました。
 郊外で4人家族で住んでいた自宅という事で、一人暮らしなどの人ではなく、家庭の人数が増えることで住み替える用途が多く、しかも近隣での住み替えが多い地域という事を伺い、結果、見積額は高くもなく、ひくくもない地場の不動産会社と媒介契約をしました。


2.場所ごとの特徴を把握する
 査定を依頼した各社の見積もりには幅がありました。しかし査定額がそのまま売却額になるとは限りません。あとから売れない為に、値下げしたいといった要望が来ることも多いと伺い、近隣の相場をしっかりと把握する為に、インターネットを利用して、自宅周辺の路線価を確認しました。
 名古屋と言う大都市の周辺という事で、購入した当初と比較すると少々、値段が上がっていることを知り、各社の見積もりが実は少々高めに感じましたが、路線価を確認することで安心することができました。
 ですので、査定に出す前に、周辺の路線価を把握したり、新聞の折り込みに入っているような不動産のチラシなどを参考にするのも良いでしょう。


3.最新の不動産情報を確かめて動向を分析する
 名古屋市の中村区役所がほど近く、名古屋駅まで徒歩でも行ける範囲という立地も良かったのですが、路線価は平成26年までどんどん下がっていたのですが、27年になり前年度比で12%程度向上し、ここ数年の平均から見ても5千円以上も路線価が上がっており、タイミングとしても偶然ですが、売り時という事が分かりました。
 タイミングとしては、問題なかったので、あとは、良い不動産会社に委託することだけを考えました。


4.査定額以外で媒介契約先を見抜くポイント
 愛知県でも名古屋駅周辺は路線価も上がっているという事で、高値で売れる可能性が高いことから、不動産会社もかなり営業努力をしてきます。
 とは言え、査定額が他の不動産会社よりも高いからここにするという判断はしないようにしてください。高いには高い理由があります。単純に媒介契約だけが目的という事も考えられます。
 実際に不動産会社の営業方法は、大手でも地場でもそれほど変わりません。新聞の折り込みチラシや、ポスティング、Yahoo!不動産、スーモ、ホームズなどのウェブでの集客など、手法は同様です。
 過去の実績などを披露してくる可能性がありますが、1年前の路線価は大分低く、それ以前も現在の路線価とは異なり、また、季節によって移動が多い時期かどうかでも、タイミングで売れる売れないということもあり、過去の実績と言う言葉にも気を付けましょう。
 ある程度短期勝負で決めたいという事であれば、各社の平均的な見積もりで進めることがおすすめです。また、営業の定期報告が毎月しっかりおこなってくれるか、また、過去のその会社が作った不動産のチラシでの不動産会社同士での比較もおすすめです。
 良いチラシを作れるとことかどうかも大事です。
 また、専門用語乱発するような会社や、すぐに不動産販売手数料を値引きしてくるところなどは逆に質の低い会社という判断をしても良いと思います。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp