台東区の不動産査定や地価の状況

 2017-11-20   不動産査定 | 台東区 | 浅草 | 上野 | 地価
 台東区に土地を私有している方で、売却を考えている方に役に立つ情報をご紹介します。
 この土地は、全国的に見ても非常に土地の価格が高いため、高値で売却できる可能性が高いといえるでしょう。
 しかしながら、売却には様々な諸費用が掛かりますので事前に十分に調査しましょう。

もくじ
1.台東区ってどんな場所?
2.地価が高い!
3.土地を売るための費用
4.土地の名義を確認しよう


1.台東区ってどんな場所?
 土地を売却するためには、その土地の不動産査定というものが大きく関係してきます。当然のことながら、この査定が良ければ高く売却することができますしこの査定が低ければ土地が比較的広いとしても、それほど高額な価格では取引されないことが予想されます。台東区で土地を所有している場合に売却を検討する場合、台東区の不動産査定はどれぐらいのものなのでしょうか?
 この地区は非常に多くの電車の路線が含まれる区域として有名です。東北などに行くために多くの人が利用する上野駅も区域の中に含まれています。この土地の特徴としては、江戸時代から開発が進められており、様々な道路が整備されている点があげられるでしょう。そのため暮らしやすく、アクセスの良い場所として知られています。このような場所は、不動産査定も非常に高くなっているケースが少なくありません。


2.地価が高い!
 現在台東区における不動産の時価は全体的に非常に上昇しています。例えば浅草は一坪あたり809万9000円という高値で取引されています。
 これは前年比と比べると12.9%も上昇している数値となります。さらに、上野も全体的に8%から9%ほど上昇している場所は多く、最低でも1坪あたり500万円近い価格で取引されていることがあるのです。
 この地区のこうした土地は商業的な観点から見ても、観光という観点から見ても非常に価値が高いとされているため、全国的に見て非常に高値で取引されることが多いのです。さらに、隅田川の花火大会などたくさんの人々が毎年訪れるイベントがある上に、浅草などに代表される伝統的な文化や下町情緒というものも楽しめる空間も備えているので、様々な人にとって様々な夢を実現するために適した土地といえるのかもしれません。


3.土地を売るための費用
 このような土地を売却するためには、さまざまな法的な手続きを踏む必要があります。もし自分が所有する土地を持っていた場合、まずは司法書士などに相談しどのような手順で売却をすることができるのかを確認すると良いでしょう。
 その際には売却する価格だけでなく売却に伴う様々な諸費用がいくらぐらい発生する可能性があるのかという点も十分に確認しておく必要があります。売却には仲介する不動産の手数料や売却時にある一定の利益が出た場合様々な税金がかかる可能性もあります。こうした事柄を知らずに売却の話を進めてしまうと、その途中で予想以上の出費があることに気づき話がスムーズに進まなくなってしまう可能性もあります。


4.土地の名義を確認しよう
 また、売却する際に確認しておいた方が良い点として、自分が所有している土地が自分1人の名義になっているのかどうかという点が挙げられます。通常土地は1人の名義になっていることがほとんどですが、台東区のように土地の価格が高騰している場合、1人でそうした費用を賄うことができず、複数人で一つの土地を所有しているというケースもあるのです。
 そのような、自分が1部の所有権しかなかった場合、自分ひとりで土地の売却を決めることはできません。当然のことながら、その土地を所有する人々たち全員の同意が必要でそれがなければ一部の土地を持っていたとしても、土地全体を利用することはできないのです。こうしたことを嫌い、初めから共有で土地を所有するということを避ける人も少なくありませんが、何十年も前に土地の購入に中心になっていた家族の誰かがもしかすると親戚の誰かと共に土地を購入する手続きを踏んでいる可能性もあります。こうした点を十分に確認した上で売却の手続きを進めていきましょう。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp