不動産査定書は簡易的な無料と有料の鑑定士に依頼する2種類あり

 不動産に関して知識が乏しい一般の人が所有しているマンションや一戸建て住宅を売却しようとしている場合、不動産業者に相談することになるでしょう。
 積極的に買取を実施している不動産会社は、顧客からの依頼に応じて、不動産査定書を提示してくれます。
 物件の内覧等を実施しない簡易的な不動産査定書であれば、無料で提示してくれる業者も多いので、まずは業者にアプローチをして、参考となる目安の査定をしてもらうと良いでしょう。


もくじ
1.不動産査定書ってそもそも何?
2.不動産査定書の雛形や書式を知りたい
3.不動産一括査定の簡易査定は内見無しなのであくまで目安
4.鑑定業者に依頼した方が、確実?費用はどの位?


1.不動産査定書ってそもそも何?
 不動産査定書は、マンションの住戸や一戸建て住宅などを所有している人が、不動産業者にお願いして売却価格を産出してもらった結果を記載した書類であり、形式は決まったものが定まっている物ではなく、依頼する業者によっていろいろな不動産査定書があります。
 不動産買取を積極的に行っている業者であれば、相談にもすぐに乗ってくれるので、不動産査定書もすぐに入手することが出来ます。
 査定書に記載されている価格は売却の際の参考価格であり、状況に応じて売却価格は変わることもありますが、ある程度の相場を知る際にかなり参考にすることが出来ます。
 依頼先によっては、無料で作成してくれるところもあるので気軽に頼むことが出来る場合もあります。


2.不動産査定書の雛形や書式を知りたい
 参考に不動産査定書のひな型を知りたいという人は、インターネットなどを利用して不動産査定書の雛形のダウンロードで探すと情報を集めることが出来ます。
 書式の雛形エクセルデータはダウンロードして利用することも出来るので、これから本格的にマンション売却に向けて動こうとしている人は、どのような情報が書式に掲載されることになるかを見ておくのも良いでしょう。
 エクセルデータでひな型書式をダウンロードすることが出来れば、自分で少し操作してみることも可能です。
 また、不動産業者などに相談すれば、参考としてその会社が利用している不動産査定書の書式の雛形エクセルデータなども見せてもらえる可能性があります。
 書式のひな型が見やすそうな会社に不動産査定を依頼するのも結果の根拠がわかりやすくて良いでしょう。


3.不動産一括査定の簡易査定は内見無しなのであくまで目安
 不動産査定書を求めている場合、インターネットのウェブサイトなどで見つけることが出来る不動産一括査定サイトなどを利用すると便利です。
 ただし、不動産一括査定サイトで提示される査定結果は、あくまで、内覧もせずにマンションや一戸建て住宅の築年数や立地、間取りなどを入力して提示される目安程度の査定結果となるので注意が必要です。
 査定額は実際に売買成約金額ではないので、売却を進めていく際の参考として相場の目安を知る際に利用すると良いでしょう。
 簡易査定ということもあって、無料で対応してくれる業者もかなり多く、目安となる査定結果も短時間で提示してもらえることが良い所です。
 本格的に不動産査定書の依頼をする相手を探す際に利用することもできます。


4.鑑定業者に依頼した方が、確実?費用はどの位?
 不動産査定書を提示してもらうためには、本格的に有料で鑑定業者に依頼するという方法もありますが、専門家に鑑定を依頼するとそれなりに費用が掛かってしまうことになります。
 不動産査定書として鑑定結果報告書を貰うことが出来ますが、その内容は細かい項目まで調査されていて、すごく価格の根拠が明白になります。
 確実に不動産の価格を知りたいという時に利用すると確実ですが、マンションや一戸建て住宅の相場によっては、鑑定費用が割高になってしまうこともあるでしょう。
 不動産業者に不動産査定書の提示を依頼する場合、近隣不動産の取引相場などを参考にして提示されることがあり、その結果は実際の売却の際の価格とそれほど大きく乖離することは少ないと言えるでしょう。

 目安としては、大体100万円以下でお願いができ、更地か、土地と建物か、マンションかという物件の状態と、鑑定額基準で変わってきます。1000万円以下の更地であれば、20万円程度、土地付きの物件であれば、25万円前後、マンションであれば、30万円程度です。
 また、5000万円以下の物件であれば、更地なら30万円以下、土地付きの建物で30万円から50万円程度、マンションなら60から70万円となります。
 1億円以下の物件なら更地で30から40万円程度、土地付きの建物で50から60万円程度、マンションで70から90万円程度、2億円以下の物件で、更地で50から60万円、土地と建物で60から75万円、マンションであれば、85万円から100万円の間になります。
 マンションが高いのは、その売主の物件のみならず、マンション全体の資産価値も諮る必要があるからです。

Copyright 2013-2019 不動産を査定する.jp