栃木県宇都宮市で不動産査定前に知っておきたい4つのポイント

 栃木県宇都宮市に不動産を所有していてそれを売却したい場合、不動産査定をすることが必要になります。
 不動産査定をする場合に必要な知識としては、宇都宮市の地価がどのようになっているかを知っておくことです。地価といっても様々な見方がありますが、路線価等を参考にすると分かりやすいでしょう。
 とはいえ、普段から不動産査定や不動産関係の仕事をしていない人は一体どのように調べたらよいのかわからないはずです。
 そこで、不動産査定の考え方や業者の選び方などを見ていきましょう。


もくじ
1.売却はしやすいが購入時の価格での売却は難あり
2.地価上昇率は宇都宮駅周辺が一番高い
3.住み替え需要を狙い地場の不動産会社を狙え
4.迷ったら地場は周辺に強い東武不動産や三栄不動産、サンプラン


1.売却はしやすいが購入時の価格での売却は難あり
 宇都宮市は、栃木県の県庁所在地になりますが、東京都心部から離れた場所にありますので下降トレンドの減少があります。つまり、土地の値段が下がってきている傾向があるわけです。とはいえ、急激に値段が下がったわけではなく、わずかに右下がりの傾向が見受けられました。
 2018年以降は、土地の値段が下落することもなくいったん落ち着いた形になっています。これは、ある意味売却するタイミングとも言えるでしょう。ただ、問題になるのは売却をしたとしても購入した時の価格以上に売ることはできない可能性が高いことです。不動産投資の場合には、損をする可能性も高くなるでしょう。一方で、単にそこに住まなくなった場合や使わなくなった場合は不動産売却したほうがよいとも言えます。


2.地価上昇率は宇都宮駅周辺が一番高い
 不動産売却をするに当たり、地価の上昇率がどのようになっているかを見ていく必要があります。路線価で見ていくと宇都宮市の中でも宇都宮駅周辺は比較的高い傾向が出ています。やはり、栃木県の中心部になりますので不動産売買も頻繁に行われているだけでなくそこに住みたいと考えている人も多い傾向があるわけです。
 これはとくに宇都宮市に限らず、どこの地域でも同じような傾向があると考えてよいでしょう。不動産売買においては路線価は参考価格の一つになるだけですので、ほかの方法でも調べてみることが必要です。
 路線価は、不動産売買を専門的に行っている業者のが提供しているものやポータルサイトなどを見ることにより簡単に閲覧することが可能です。 


3.住み替え需要を狙い地場の不動産会社を狙え
 宇都宮市は、地方都市のひとつですが不動産査定をする場合にも、どのような人の動きがあるかを理解しておくとよいでしょう。まず、あまり外から流入してくる可能性は少ないと言えます。
 そのため、東京23区などに比べるとそれほど土地の値段が上昇していないことが理解できます。ただその一方で、住みかえ需要を見込むことは十分に可能ですので、不動産売却をする場合には住み替え需要を狙った方がよいでしょう。
 住み替え需要を狙うならば、それを希望している人が多く購入する一月から三月の時期に売却するのが良いです。少し余裕を持って前の年の十一月ぐらいから売却することを不動産会社に伝えておくと、より良い結果を出すことができる可能性が高いです。"


4.迷ったら地場は周辺に強い東武不動産や三栄不動産、サンプラン
 不動産売買をするにあたり、不動産査定をする会社を選ぶ必要がありますが、どこでもよいわけではありません。考え方の一つとして、より有利に売買をするためには周辺地域に強い業者を選ぶのも一つの方法です。
 例えば宇都宮市の中で力があるのは東部不動産や三栄不動産、あるいはサンプランなどを挙げることができます。これらのところは、地元に強く土地のことはよく理解しています。現在の宇都宮市の状況を的確に把握し、価格に反映してくれるでしょう。
 ただ、頻繁に担当者が代わりやすい傾向もありますので、セールスマンと長期的な付き合いをするのが難しくなるかもしれません。大手のところは、頻繁に転勤があるからです。その点をよく理解した上で取引きをしましょう。

Copyright 2013-2019 不動産を査定する.jp