2014年から連続で地価上昇中!台東区上野周辺の不動産査定

 東京の台東区は、下町として知られています。古くから住んでいる人も多いですが最近は新しい住人がふえてきている傾向があります。これは、台東区の外から入ってきている人が多く、その結果土地の値段が上がってきているわけです。
 特に上野広小路周辺は人気が非常に高く、不動産査定を考えている場合には売り時といえるかもしれません。上野近辺で売却を検討している方向けに、色々調べてみました。


もくじ
1.山手線沿線では台東区は8番目、前年度比で8.8%も上昇
2.上野広小路駅から徒歩1分、上野4-5-5は坪単価3000万円超え!
3.直近、不動産価格の上昇を否定する要素が無い。
4.地場の住み替え需要、全国からの注目エリア媒介契約はどこにする?


1.山手線沿線では台東区は8番目、前年度比で8.8%も上昇
 上野広小路周辺は、不動産査定をする際に、不動産会社が喜んで査定に来てくれる良い場所の一つです。
 これは、まず山手線沿線の中でも台東区は8番目に土地の値段が高い地域だからです。台東区の中でも上野広小路を一番人気といってもよい場所ですので、都内でも8番目と言ってもいいでしょう。そのため、不動産査定をしても十分満足を得ることができる結果が出る可能性が高いです。
 ちなみに、前年度比で8.8パーセントも上昇していますのでまさしく売り時といっても過言ではありません。
 このタイミングを逃してしまうと、土地の値段が下がってから不動産査定を行い売却することになりますので損をする可能性もあります。ただ、地価はどのように変動するか明確でないため前後関係をよく確認しておきましょう。"


2.上野広小路駅から徒歩1分、上野4-5-5は坪単価3000万円超え!
 上野広小路の不動産査定をする場合の地価がどのように高騰しているかといえば、たとえば上野広小路駅から徒歩1分の上野4-5-5ならば坪単価3000万円超えの状態になっています。この周辺が暴騰中になっていますので、東京都内の中でもかなり魅力的な場所の一つです。
 売り時かどうかは判断が難しいところですが、これを判断するに当たりなぜ土地の値段が上昇しているのかを理解しておく必要があります。土地の値段が上昇している理由は、上野自体が便利になってきているからと言えるでしょう。一昔前は、下町らしさが残っており古い建物や雑居ビルが多い傾向でしたが、最近はそれらのものが減少してきており、おしゃれ街に変わりつつあります。


3.直近、不動産価格の上昇を否定する要素が無い。
 不動産売却をする場合、地価の動向を見ていく必要がありますがどのタイミングで売却をしたらよいかはある意味賭けになるといっても過言ではありません。現在のところ高騰しているものの、これから先本当に高騰すると確信があるならばしばらくしてから不動産会社に依頼して媒介契約を結ぶのが一番です。ただ、今すぐ売却するのがタイミングだとすれば、すぐに不動産会社と媒介契約を結ぶようにしましょう。
 今後の予想としては、不動産価格の上昇を否定する要素はあまりありません。もちろん経済的な理由や政治的な理由で下落する恐れもありますので100パーセント上昇するとは言い切れないものの、普通に考えれば上昇する可能性の方が高いです。タイミングが難しいですが、不動産情報に出せばほぼ確実に売れる場所といってもよいでしょう。
 アクセスする電車も東北線と東海道線が結ばれたり、常磐線の東京、品川アクセスや、今後、つくばエクスプレスが浅草、御徒町、秋葉原から、東京、銀座、勝どきから、湾岸エリアを結び、臨海副都心線とアクセスできるようになるなど、台東区や上野の価値観が上昇している注目のエリアと言えます。


4.地場の住み替え需要、全国からの注目エリア媒介契約はどこにする?
 上野広小路周辺は、たくさんの不動産会社がありますが媒介契約を結ぶに当たり一つの会社を選ばなければなりません。そのためには、その土地に密着した会社と大手不動産会社のどちらを選ぶかの選択肢があります。最終的には好みの問題になりますが、特にどちらでもよいと考えるならば大手不動産会社の方がよいでしょう。なぜかといえば、地方の土地とは違い全国からの注目エリアだからです。全国から注目されていることにより、この地域は大手のところの方が強い可能性が高いです。
 地方の場合は、地元密着型の業者の方が強い傾向にありますが、人気の場所ならばあえて大手不動産会社が黙って見ているわけがありません。そのような背景を考えると、大手不動産会社を積極的に利用してみましょう。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp