不動産査定、大人気海老名は売り時?まだまだ我慢?

 2019-06-03   海老名 | 不動産査定 | 地価 | 売却 | 売り時
 海老名周辺は少々施設などが充実しますます住みやすい街となっています。
 資産価値が高まっているこの地域、不動産査定に出してみたら地価が高くなっていることにびっくりしているかもしれません。
 今こそ、この土地を売り時かもしれないのです。慎重に考えてみましょう。

もくじ
1.商業施設や海老名駅前に3本のタワマン計画で不動産価格上昇中
2.再開発だけでなく、小田急の長期戦略小田原、箱根への観光強化
3.地場の不動産会社でも大手不動産会社でも短期間で売りやすい
4.今が売り時か?待てるなら再開発完了まで待っても…


1.商業施設や海老名駅前に3本のタワマン計画で不動産価格上昇中
 海老名は今、ノリに乗っている地域です。ViNA GARDENSやららぽーとがあり、海老名駅前には3本のタワーマンションが設置されるという噂もあります。この噂について調べてみたところ、実際にマンション型のタワーマンションが建設される予定になっていました。
 これからもこのエリアは住みやすい地域としてその価値を不動のものとしていきそうです。
 しかし、不動産価値が高まっているからこそ売り時と考える方法もあります。今までこの地域に住んでいた人も文句はあるかもしれませんが、駅の西口が開発されたことにより、利便性が高いと感じている人も多いのではないでしょうか。その結果地価も高まっています。
 本当にこのエリアが売り時なのかについてもう一度考え直してみましょう。売り時だとすれば売却タイミングです。


2.再開発だけでなく、小田急の長期戦略小田原、箱根への観光強化
 海老名というロケーション、この駅には小田急小田原線や総武本線という鉄道が利用できます。小田急小田原線では、新宿まで約53分、観光地となる小田原、箱根方面には約1時間程度という優れたアクセス性を持ちます。
 相鉄線があるので、約30分にて横浜へもショッピングに行けます。交通環境という意味ではとてもアクセス性に優れていてこれ以上いいロケーションはないのではないでしょうか。
 路線価はとても優れてます。特に、新宿まで53分となると通勤もしやすいですので、お父さんにとっては通勤時間の短縮となって助かります。それも路線価をあげています。
 そして、1時間程度で箱根にも遊びに行けるロケーション。こんな魅力的な土地は他にはない気がします。もしこの土地に不動産を持っていたなら不動産査定も高まり笑いが止まらないのではないでしょうか。路線価についてはいうべきことがありません。


3.地場の不動産会社でも大手不動産会社でも短期間で売りやすい
 そんな好条件であるからこそ、今海老名地域は売りやすい物件と言われています。住み替え需要もありますし、他地域からの流入も期待できます。
 大手不動産会社を利用したとしても短期間で売買できるのではないでしょうか。このエリアは確かに今開発途上あり、住みやすい物件です。
 しかし、通勤環境を考えるともうちょっと良いところがあると思います。不動産査定をしても高値がつきます。
 地価が上昇しているからです。例えば、新百合ケ丘などはも良いかもしれません。新宿都心まで約30分にてアクセスすることが可能です。箱根方面へのアクセスも息抜きという意味では大切ですが、通期は毎日のことです。通勤時間を優先するのであれば、新百合ケ丘などの新宿に近いエリアに住むのもお勧めできます。週末のリフレッシュも大事ですが、まずは通勤を第一に考えたほうがいいのではないでしょうか。


4.今が売り時か?待てるなら再開発完了まで待っても…
 海老名ももっと待っていれば不動産査定も高まりそうです。将来性が見込まれているからこそ扶桑さん価値が高まっている海老名。しかし更に待っているとさらに不動産価値が高まりそうです。
 然し、不動産は先手必勝なので、今のうちに海老名の不動産を手放し、新たな土地に進出してもいいのかもしれません。不動産は情報戦戦ですので、海老名がいい土地であるという情報があるうちに、早めに他のいい地位行きに進出するのも良いかもしれません。
 海老名はホットな地域です。ホットなうちにもっと通勤環境の良いところに引っ越してしまうのも一つの手だと思います。また、最後のアドバイスとしては、媒介契約をする手もあります。
 これから資産価値の高まるこのエリアの物件固定資産税もバカにならないでしょう。そんな時にお勧めなのが媒介契約です。今の家を手放さすに借家として住めます。今の家を地価が高いうちに売却して媒介契約を結んでみてはいかがでしょう。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp