不動産査定!大阪市西区はキタ、ミナミ周辺は特に資産価値が高い

 日本は男女ともに世界有数の平均寿命を誇る長寿社会ですが、生きている間ずっと働きながら収入が得られるとは限りません。
 公的年金だけでは豊かな老後を迎えるのは難しいので、貯蓄や投資で備える必要があります。長びく低金利時代で利息は期待できず、毎月の安定収入が得られる投資には不動産投資が最適です。
 不動産経営は夢の不労所得として羨望の的ですが、労働しなくていいからといって誰がやっても成功するとは限りません。投資の決め手は立地、需要が高い場所なら空室リスクも少なくて安心です。
 需要を示す指標として効果的なのが中古騰落率です。


もくじ
1.大阪市西区キタ、ミナミ周辺バブル状態なぜ?
2.梅田はキタ、難波、心斎橋はミナミへのアクセスが良い物件は人気
3.四ツ橋駅周辺本町、肥後橋、 西大橋、阿波座、西長堀は短期勝負可能
4.大手不動産会社での査定がオススメ。戸建ては地場不動産会社


1.大阪市西区キタ、ミナミ周辺バブル状態なぜ?
 現在は史上空前の低金利時代、低金利の資金調達は不動産に向かっており、東京のマンションはすでにバブル期を超える水準に達しています。
賃貸経営において、空室で家賃収入がなくても管理費や固定資産税、購入資金を借り入れで賄っている場合は返済もあるので最大のリスクは空室です。空室が出たら家賃を下げても入居者を募集するため、供給が需要を下回れば家賃の低下が始まります。
 空室リスクを下げるためには需要が高い場所に投資する必要がありますが、東の東京は価格がすでに上昇しており、西の商業の中心地、大阪は高い需要は見込まれる一方で価格がまだ上がりきっていません。
 そのため、高い需要を見込める立地ながら相対的に投資の割安感がある大阪市西区はとくに注目されています。


2.梅田はキタ、難波、心斎橋はミナミへのアクセスが良い物件は人気
 大阪の不動産投資の特徴は、全国的にも高い需要が見込まれる一方で東京と比較した割安感にあるため、地元だけではなく全国各地からの投資資金を呼び込んでいます。
 そのため、市内でも全国区で名の知れた場所が注目されやすく、大阪市内ではミナミとキタがドラマの舞台にも数多くなるなど抜群の知名度を誇ります。
 ミナミは大阪市中央区と浪速区をはじめとした繁華街、キタは北区の梅田周辺の一角を指しています。
 ミナミ・キタはその知名度から中古騰落率が高いのは言うまでもありませんが、購入価額が高いといつかは上限に達するので期待するほど上がらないリスクもあります。
 そこで、価格上昇の中心地よりも、そこへのアクセスが良く価額の手ごろな場所が効果的、大阪市西区は条件に最適です。


3.四ツ橋駅周辺本町、肥後橋、 西大橋、阿波座、西長堀は短期勝負可能
 不動産投資の決め手は、賃貸経営をしている間は空室になりにくい場所、売却するときは中古騰落率が高い場所で、どちらも共通しているのは需要が高いということです。大阪市西区の中でも四ツ橋駅周辺四ツ橋・本町・肥後橋・西大橋・阿波座・西長堀などは現時点で価格が上がりきっていないため、賃貸経営としての投資効率も高い一方で、売却するときにも価額上昇が見込めるので、短期間での投資回収が見込めます。
 ところで、自分の所有物件の価値が上がっているときは別の物件に新たに投資する場合も価格が上っている可能性が少なからずあります。
 せっかく大阪市西区の物件を高く売却できても別の物件を高く買ってはもったいないので、売却資金は慌てて再投資せず、納得できる物件が見つかるまでは手元に保管するのも有効です。


4.大手不動産会社での査定がオススメ。戸建ては地場不動産会社
 不動産は同じものが二つとないため、その時価は算式で求められるものではなく、売り手と買い手の同意があってはじめて決まります。
 そのため、不動産査定の結果は同じでないのが当然で、少しでも高く売るためには複数の不動産査定を比較して平均を取ると有効です。但し、不動産査定には二種類あり、その値段で不動産会社が買い取る買取査定と、いくらぐらいで売れるかを評価する査定があります。
 いくらぐらいで売れるかを評価する査定は、その値段で売却できることを保証するものではありませんが、売却を依頼して成約時に支払う仲介手数料以外、査定自体は無料で実施してくれる不動産会社も少なくありません。
 大阪市西区の物件売却は、無料査定を複数依頼して情報収集すると効果的です。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp