不動産査定、簡易査定と訪問査定の違いは?簡易査定のメリット、デメリットは?

 マンションなどの不動産売却を検討するときには、いくらの値で売れるのかをまず知るために不動産査定を行います。
 その不動産査定には、簡易査定と訪問査定があるのですが、それぞれにマンション査定で金額を算出するまでの流れなどに違いがあります。
 具体的にどのような違いがあるのかを理解すれば、出された金額をどのように見るべきかがわかります。では二種類の査定の違いについて詳しく見ていくと同時に、簡易査定を行うときのメリット・デメリットも学んでみましょう。

もくじ
1.簡易査定は訪問無しのデータだけで算出する方法
2.訪問査定では、具体的に物件を見てもらい査定してもらう方法
3.数多くの不動産屋の査定額を閲覧できる簡易査定、相場の把握に利用
4.簡易査定だけでは分からない、気にしなければならないポイント


1.簡易査定は訪問無しのデータだけで算出する方法
 簡易査定では、不動産屋から担当者が自宅に来ることはありません。それでは、どのような根拠に基づいて金額を出すのかというと、似たような間取りや広さの物件がいくらで売りに出されているのか、そして売買されたときの金額を参考にしています。

 データだけを元にして算出されてる簡易査定は、あくまでも机上査定ですから正確な査定価格ではありません。たとえ築年数が同じマンション査定だとしても、住人の使い方や立地などによって建物の劣化に違いが出てきますし、不動産の市場は流動的ですから過去の取引と現在では変化が出てくることだってあります。
 では、簡易査定は役に立たない机上査定なのかというと、おおよその価格を知ることで不動産売却を決めるための判断材料にできます。もし、思っているよりも安く売られるとなれば、不動産売却を中止して様子見をすれば値上がりすることもあります。"


2.訪問査定では、具体的に物件を見てもらい査定してもらう方法
 訪問査定は、不動産屋の担当者が自宅を訪れて、周辺の環境や室内の様子など細かい部分も確認していきます。図面などからはわからない、自宅の状態を考慮した上で価格が出されますから、傷や汚れがつかないよう丁寧に使っていれば相場よりも高値がつくこともあります。逆に子供が玩具で遊んで床を凹ませてしまったり、室内で喫煙して壁や襖が黄ばんでているといったときにはマイナスのマンション査定が出されます。

 訪問査定では、物件を担当者がその目で見たうえで、各不動産屋で決められた基準に基づき金額を産出します。ですから机上査定とは違い正確な査定価格です。実際に不動産売却をするときには、出された査定価格に近い金額で取引されます。時間と手間はかかりますが、不動産屋と詳しい話をするためには必要です。"


3.数多くの不動産屋の査定額を閲覧できる簡易査定、相場の把握に利用
 簡易査定はほとんどの不動産屋に頼めば、無料でやってくれますから何社でも査定価格を閲覧できます。査定価格にはバラツキがあるとしても、すべてをまとめて分析すれば相場を導き出すことが出来ます。
 もちろん、簡易査定はデータだけで査定をしているだけの机上査定です。その物件が本当に出された査定価格で売却できるわけではありません。それでも、簡易査定の算出では、過去の取引や現在の売出しを参考にしているわけですから出鱈目な査定価格ではありません。
 本格的に不動産売却を考えるにあたって、相場よりも高値で売却してくれる不動産屋を探すための材料になります。また、相場を知っていれば、過度に高値をつける不動産屋も排除できますから、失敗する危険性を減らせます。


4.簡易査定だけでは分からない、気にしなければならないポイント
 媒介契約を結ぶ不動産屋を決めるときには、単純に査定価格だけを見れば良いものではありません。いくら高い価格をつけたところで売れなければ意味がありませんし、取引をする時に面倒なトラブルが起きるのも避けたいところです。そこで見ておくべきなのは不動産会社がこれまでに手がけてきた取引の内容や、営業担当者にどれだけのスキルがあるのかといったことです。

 簡易査定は、あくまでも物件が売れそうな金額を出しているだけで、数字に出てこない部分まではわかりません。不動産屋や営業担当についての情報を仕入れたいのであれば、自宅に営業担当者が訪れる訪問査定を利用するべきです。もし、簡易査定だけで媒介契約を結ぶかどうかを決めてしまうと失敗する可能性があります。

Copyright 2013-2019 不動産を査定する.jp