石川県金沢市で不動産査定・売却をする前に知っておきたい4つのポイント

 不動産売却においては、土地の動向を把握することが大切です。金沢市はここ数年上昇傾向にあり、売却に適した時に入っていると言えます。土地の動向を示す公示地価は金沢駅周辺が元とも高く、東金沢駅周辺の上昇率が目立っているのです。インバウンド需要がある中心部は値上がり傾向が強く、不動産売却のし易い地域となっています。
 売却では信頼性が高い富商不動産に依頼することで、間違いのない売却が可能です。マンションや一戸建ての売却は、専門の不動産会社に依頼するのがベターです。


もくじ
1.5年間石川県は土地公示価格が下落、金沢市全体はここ数年上昇傾向
2.公示価格が最も高いのが金沢駅周辺、上昇率が高いのは東金沢駅周辺
3.金沢周辺のマンション、戸建ては売り時
4.郊外は売るのであればお早めに!


1.5年間石川県は土地公示価格が下落、金沢市全体はここ数年上昇傾向
 5年間における石川県の地価動向は、全体でみると土地公示価格が下落しています。
 しかし、金沢市全体はここ数年上昇傾向にあり、不動産売却に適した時期と言えます。不動産の売却は持ち主が自ら行うこともできますが、専門の不動産会社に依頼するのがベターです。
 不動産と売却するには買い手を見つけなければならず、素人では大変なことです。最近のCMがうざいとか面白いことで超有名な富商不動産は豊富な情報を元に的確なマッチングを行っています。
 専任媒介契約か専属専任媒介契約の締結のより、売り手探しは加速します。金沢市でマンションや一戸建てを売却する場合はこの時期を逃さず、的確な判断が必要です。売主の買主の条件が合致してはじめて、不動産売却は成立します。


2.公示価格が最も高いのが金沢駅周辺、上昇率が高いのは東金沢駅周辺
 金沢市で不動産売却を行う場合は、価格を決める必要があります。不動産の価格に決まりはなく、売主と買主が合意することで、実際の売買価格は決まってしまうのです。
 しかし、相場から極端に離れた価格で売買されることは稀なことで、普通は相場の近辺で落ち着きます。富商不動産は金沢市の相場を知ることで、売主と買主双方にとって納得できる価格を提示してくれます。売り出し価格をどうするかは専門的なことですが、最終的には相場に近く、損をしない売却を行うことが大切です。
 公示価格は実際の売買価格よりも低く設定されるのが一般的ですが、地価の動向を示してくれます。それによると、金沢駅周辺が最も高く、東金沢駅周辺の上昇率が高いことがわかるのです。


3.金沢周辺のマンション、戸建ては売り時
 日本の都市部を中心にインバウンド需要の伸びが影響する地価の上昇が続いています。金沢市も例外ではなく、商業地を中心に地価が上昇中なのです。金沢周辺のマンションや一戸建ては売り時と言ってよく、適切な判断が求められます。
 インバンド需要はアジア地域の経済動向と密接にかかわり、好調を維持しているのです。しかし、アジアの経済動向も不変ではなく、変動があるはずです。不動産売却においてはその時期を適切に選ぶことが大切で、現状は好機と言えます。不動産を売却するときは、専門の不動産会社に依頼するのが一般的です。
 富商不動産は地域に根差した営業活動を堅実に続けてきました。売り手と買い手に情報があり、的確なマッチングをすることが可能なのです。


4.郊外は売るのであればお早めに!
 金沢市の地価動向は中心部で上昇が続いているものの、郊外はそれほどの上昇が見込まれないケースもあります。不動産の売買では、その価値は立地条件によりはかられます。郊外は立地条件の上で不利となり、都心部よりもその価値が低くなりがちです。
 また、少子高齢化の影響で住宅は供給過剰の状況にあります。そのため、土地の価格は都心部以外で下落傾向にあり、金沢市の一部においても例外ではありません。
 郊外の物件を所有している場合は、価格の上昇を待つことも可能です。しかし、都心部以外での地価下落は今後も続くことが予想されるので、お早めの売却が望まれます。富商不動産では売却希望者の相談を受け付け、的確なアドバイスを行っています。郊外においても早い売却が大きな損失を防いでくれるのです。

Copyright 2013-2019 不動産を査定する.jp