加古川市の不動産査定・売却のタイミングは?

 兵庫県加古川市では、駅周辺を中心に地価が上昇中です。兵庫県全体では人口減少が止まらず、全体的に地価は下落の傾向を見せていますが、東加古川駅周辺では地価の上昇が見込まれます。
 土地建物を購入する30代の人口が今後も減少することが見込まれる現状では、早期の物件売却を行わなくては高値で売れる買い手を見つけるのが難しいのも実情です。
 ここでは、加古川市の地価動向と売却にあたっておすすめの不動産会社3選を紹介します。


もくじ
1.神戸、大阪の通勤圏、加古川駅周辺東加古川駅周辺のみ地価上昇中
2.不動産購入世代の30代未満の人口減で不動産購入減、郊外は地価下落
3.加古川駅周辺なら大手の不動産会社に査定を依頼しよう
4.駅からのアクセスが悪い郊外は地場の不動産会社に査定をお願いしよう


1.神戸、大阪の通勤圏、加古川駅周辺東加古川駅周辺のみ地価上昇中
 神戸や大阪への通勤圏内になる加古川市の地価は、加古川駅周辺の一部では地価の上昇が見込まれるものですが、兵庫県全体を見ると地価に下落の傾向が見られる状態でもあります。
 兵庫県での人口減少の多くは、土地建物を購入する30代が中心になっているため、全体の土地価格が減少の傾向が見られているのです。今後も兵庫での人口減少は増加の傾向が見られ、2025年までには5,000人以上の減少が見込まれる状況です。
 土地価格の減少が見られる兵庫県ではありますが、加古川市の東加古川駅の周りでは地価の上昇は継続中です。加古川市は前年比で3パーセント以上もの地価の上昇が見られ、物件売却を検討する方には絶好のタイミングとも言える状況です。


2.不動産購入世代の30代未満の人口減で不動産購入減、郊外は地価下落
 兵庫県加古川市では、住宅を購入する世代である30代の人口が大幅に減少をしている状態でもあります。
 公示地価を見ても下落幅が大きいことが伺える現状では、人口の減少に歯止めが効かないことは、土地価格の上昇の見込みが掴めないことを意味してもいます。
 都心部では東加古川のように一部の駅周辺で地価の上昇が見込まれている状態でもありますが、人口の減少に伴い、郊外では土地の下落が激しく見られるようになり、2025年に向けて大きく地価の下落傾向が見込まれているのも実情です。
 新規住宅の着工も、人口減少を見込んで着工が少なくなり、今後も兵庫県の地価は上昇の見込みが無い状態でもあります。売却予定の物件の不動産査定を検討するのであれば、金利が低迷している現状での売却を検討するのが良いでしょう。


3.加古川駅周辺なら大手の不動産会社に査定を依頼しよう
 土地価格の下落の傾向が見られる兵庫でも、加古川駅周辺であれば、神戸や大阪への通勤の便の良さより、物件の高値での売却が期待できますが、住宅ローンの金利が上昇局面に入っていくと、いまのような高値の地価を維持できる保証はありません。
 自己所有物件の売却を考えるのであれば、中谷不動産や株式会社ケイ・サウス、センチュリー21不動産流通センターなどの全国ネットワークを保持する大手の会社へ不動産査定を依頼するのが良いでしょう。
 関西圏に物件購入を考える方は、全国にも多数いるものです。売却を検討する際には、公示地価で検討するのではなく、大手の会社に不動産査定を依頼するのが良いでしょう。
 中谷不動産や株式会社ケイ・サウス、センチュリー21不動産流通センターであれば、適正な査定価格を提示できます。


4.駅からのアクセスが悪い郊外は地場の不動産会社に査定をお願いしよう
 人口減少に伴い、全体的に地価の減少が見られる兵庫では、一部の駅周辺を除き、地価の上昇が見込めない状態でもあります。今後も人口の増加が見込まれない状況ではありますから、郊外への新規着工予定も少ない状態でもあります。兵庫県の郊外で物件売却を検討する場合には、地元の方の住み替え需要を考え、物件売却を検討するのが良いでしょう。
 中谷不動産や株式会社ケイ・サウス、センチュリー21不動産流通センターのような大手不動産会社の場合は、全国ネットワークだけではなく、地域に密着したネットワークも保持しています。
 大手へ不動産査定を依頼することで、地場の住み替え需要に応じた適正な売却価格の不動産査定を受けることが可能になります。

Copyright 2013-2019 不動産を査定する.jp