不動産査定で提示される金額とは?媒介契約前の大事な予備知識

 不動産を所有していて売却を考えた場合、売却金額はとても気になるところです。
 不動産を高く売るためには、ただ高額の不動産査定をしてくれる会社を選ぶのではなく、ちょっとしたコツを知っておく必要があります。実際の店舗に不動産査定を依頼するのは大変ですので、インターネットによる査定方法を活用するなどして複数の会社に依頼し、なるべく早い時期に高く売れるようポイントを押さえておきましょう。
 コツを知っておくだけで不当な金額を提示してくる業者を見破れるようになります。


もくじ
1.無料の簡易査定の金額は、実際に見てないのであくまで目安
2.査定額が高くても喜ぶな!不動産査定金額は売却金額ではない
3.媒介契約する不動産会社の選び方と注意点
4.査定内容の付け合わせ!自分でも査定することができる!査定方法とは?

1.無料の簡易査定の金額は、実際に見てないのであくまで目安
 個人の不動産売却時には、不動産会社の無料査定を利用して不動産査定書を発行してもらうことになります。査定には簡易的な机上査定と訪問査定の2種類あり、費用がかからない簡易査定という種類では、広告的な効果を含めたうえで査定を行うことが多くなっています。
 この種類の査定評価は税務署などに正式に提出可能な書類にはなりません。査定額は証拠資料という意味合いが強く、算出額は低めになることが多いのですが、無料の場合は費用がかかる場合と目的が異なり、査定額が高額になることがあります。
 無料の査定方法で算出される査定価格とは、あくまでも金額を認識するための目安であることを覚えておきましょう。
 売却したいと考えている人に、その気になってもらうために高額査定を提示することもありますから、注意が必要です。実際にはそこから値引きをしていき、仲介費用を取るというパターンが一般的となっています。"


2.査定額が高くても喜ぶな!不動産査定金額は売却金額ではない
 不動産査定金額を算出して不動産査定書をもらっても、実際にそのままの金額で売れるわけではありません。あくまでも概算ですので、売却価格は査定価格とは異なります。
 不動産の売買する場合は業者が買取するのではなく、物件の買主を探すという仲介の役割を果たしていることがほとんどです。
 売却価格が安くても買主が現れなければ意味がありませんから、購入希望者がいない場合は査定額から売り出し価格を下げていかなければなりません。
 そのうえ購入者がいれば、契約前に値引き交渉が行われることも多いのです。このようにいくら査定価格が高額でも、実際の最終的な売却価格と査定価格とはまったく異なるのです。もちろん契約する不動産会社によっても左右されますので、不動産会社選びはとても重要なポイントです。


3.媒介契約する不動産会社の選び方と注意点
 複数の会社に不動産査定をすると、金額が数百万円も異なることがあります。中には契約を取るために最初から不動産査定書で高額提示をしてくる会社もあるのですが、絶対にそのままの価格で売れるという保証はないため、信頼できる会社を選ばなくてはなりません。
 不動産査定を依頼する会社を選ぶには金額だけでなく、査定方法や市況さらに周辺の取引実績など丁寧な説明をしてくれて、なおかつご自身が売りたいと考えている物件の条件について、実績が豊富な会社を選びましょう。
 ただ物件を見て査定額を決めてしまうのではなく、売却価格の希望や売却時期などさまざまな要望をしっかりと聞いてくれる会社を選ぶと確実です。売却後のことも考慮したうえで、アドバイスをしてくれる会社ならなおよいでしょう。


4.査定内容の付け合わせ!自分でも査定することができる!査定方法とは? 実は不動産会社の査定額だけに頼らなくても、自分で不動産の概算を調べる方法があります。会員登録をして可能な限り知っている物件情報を入力するだけで、画面上で概算価格が表示されるので簡単に自宅の査定が可能です。
 土地などの相場情報と建築物のあらゆる情報を考慮して価格が算出されるため、売るのはまだ先だという方でも、ご自分の不動産の価値を知っておきたい場合に向いています。概算価格を知っておくことで、不動産業者に依頼した時でも、営業トークのような査定額を見破ることができます。
 また国土交通省が提供している土地総合情報システムであれば、過去に取引された物件について価格を確認できますので、ご自身の不動産と似た物件の相場を知ることができるので、相場とかなり違う査定額を提示されても見破ることが可能です。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp