江東区木場は人気のエリアだけに不動産査定・売却のタイミングは?

 2019-11-11   不動産査定 | 木場 | 売却 | 路線価 | 東西線
 木場エリアは、地価の上昇も激しく、物件の売却を検討する方にとっては好条件が整っている状態でもあります。
 現状は金利も低く、購入を検討する方にとっても都合の良い条件が整っている状態でもありますが、今後金利の上昇が起きると高値での売却が難しくなります。
 人気の晴海フラッグが安売りされる状態になると物件を高値で売れなくなる可能性もあります。物件売却を検討する方は、早めに信頼できる会社へ不動産査定を依頼するのが良いでしょう。ここでは、地価の動向とおすすめの不動産会社3選を紹介します。


もくじ
1.木場は地価4.98ポイント上昇のここ数年上昇中の人気のエリア
2.低金利の限界が近く売却を検討しているなら早い方が良い
3.オリンピック村(晴海FLAG)が安価で販売開始する前には売りたい
4.大手不動産会社での査定・仲介がオススメ


1.木場は地価4.98ポイント上昇のここ数年上昇中の人気のエリア
 木場エリアは、江東区のなかでも地価の上昇が前年比5ポイント近くにもなる人気エリアです。
 坪単価は174万程度もの高額になり、高値での取引傾向が顕著になります。木場のなかでも、木場町と東陽町では、坪単価で1万円程度にもなり、狭い地域でありながら大きな価格差も見られます。
 江東区の地価は全体的に上昇の傾向が見られます。直近の6年間で20パーセントもの大きな土地価格の上昇があり、木場や東陽町の物件の取引は活発化の傾向が著しい状態です。木場駅周辺は全国平均でも上位に位置するほどの人気のエリアでもあり、近接する地域でも高値での取引が進み、木場エリアでの物件売却は全体的に高値での取引が進んでいる状態でもあります。


2.低金利の限界が近く売却を検討しているなら早い方が良い
 木場や東陽町で地価が上昇している理由には、金利の低迷があります。長期金利が限りなく低い状態になっている状態のため、購入を検討する方も気軽に契約を進めることが可能になり、全体的な価格の上昇を実現しているのです。現状の低金利は下限に近い水準にまで達しているため、今後は金利が上昇局面に転じる可能性も十分にあります。
 金利が上昇局面に転じることで、土地建物を購入する方も、ローンの金利が余分に掛かってしまうようになり、全体的な取引が低迷する可能性があるのです。売却を検討する際には、路線価などの公示されている情報だけではなく、信頼できる会社に不動産査定を依頼するほうが良いでしょう。
 リバブルや野村不動産、住友不動産販売などの信頼できる会社に不動産査定を依頼するのがおすすめです。


3.オリンピック村(晴海FLAG)が安価で販売開始する前には売りたい
 東西線エリアで人気が高まっている物件に湾岸地区にある晴海FLAGが挙げられます。史上最大規模のマンションとして知られる晴海FLAGですが、東京オリンピックが終わった後には、人気が落ち込み、低価格での販売が始める可能性も十分に有り得ます。
 人気の湾岸エリアの晴海FLAGが安売りされる状況になると、マンションや戸建てを売り出しても、買い手が見つからない状態に陥る可能性もあります。自分が所有している物件の売却を検討する場合には、リバブルや野村不動産、住友不動産販売などの信頼できる会社へ不動産査定の依頼を行い、売却の準備を進めるのが良いでしょう。
 高値で売り抜けるには、路線価を元に資産価値を算出するのではなく、信頼できる不動産会へ査定の依頼を行いましょう。


4.大手不動産会社での査定・仲介がオススメ
 東西線沿線のなかでも木場や東陽町は、地域の方だけではなく、全国から住み替えを検討する方が集まるエリアでもあります。売却の際には高い需要が見込まれますから、地元に根差した営業を行っている不動産会社ではなく、全国ネットワークを保持する大手の不動産会社へ査定や仲介を依頼するほうが、高値での取引を実現することが可能になるものです。
 リバブルや野村不動産、住友不動産販売のような大手不動産会社であれば、全国にネットワークを保持していることもあり、短期間で高値で買い取ってくれる相手を見つけることができます。
 東西線エリアでも豊富な実績のあるリバブルや野村不動産、住友不動産販売であれば、路線価とは違う実勢価格での不動産査定を受けることが可能です。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp