北九州市で不動産査定!小倉周辺は地価上昇中だが…

北九州市では公共事業の減少に伴い、地域全体の人口減少の傾向が見られています。小倉駅周辺では、取引も活発で、高い価格での物件取引が行われている状態でもありますが、地域によっては大きな価格差があるのも実情です。

地域によっては公示地価と大きく乖離している場合もありますので、不動産の売却を進める際には、不動産査定で実績のある会社へ自己所有物件の査定を依頼することが重要です。ここでは北九州市の不動産売却の状況と、おすすめの不動産会社を紹介していきます。


もくじ
1.郊外は公共事業の減少で人口の減少が多く、空き家が増えている
2.小倉駅周辺は活況だが、売りに出すのであれば、早い方が良い?
3.公示価格はアテにならない。最高価格は約2倍もついた?
4.売却するのであれば、地場の実績のある不動産会社を中心に査定


1.郊外は公共事業の減少で人口の減少が多く、空き家が増えている
北九州市でも地域によって地価の動向は大きく変わっています。福岡エリアは雇用の需要の増加に伴い住宅需要が増加の傾向が見られ、緩やかな土地価格の上昇傾向が発生している状況でもありますが、郊外地域では土地価格の上昇をけん引していた公共事業の減少により、雇用が減ったのと人口の流出が生じてしまい、徐々に地価の減少が見られるようになっています。

北九州市は北九州の中でも本州との接点になり、昔は高速道路の公共工事などが盛んな地域でもありましたが、2000年以降は公共事業が大幅に減少し始め、北九州市に在住していた方も、他の地域へと移住するようになり、空き家の増加と共に地価の減少傾向が見られるように変わっていきます。雇用の減少と同時に農家の方が土地を手放す傾向も顕著になり、地価の減少傾向が強くなりつつあります。


2.小倉駅周辺は活況だが、売りに出すのであれば、早い方が良い?
北九州市の中でも小倉市周辺の地価は、他の地域に比べると地価の上昇傾向が顕著です。魚町などでは、坪単価が200万円ほどにも上昇し、北九州市のなかでも高い上昇率を誇ります。福岡県の中でも5位にランキングする小倉市では、前年比2パーセント以上にも及ぶ、高い地価の上昇が見られます。

小倉は住宅地としてだけではなく、北九州を代表する観光スポットとしても知られます。土地取引も活発な地域ではありますが、人口減少の傾向を見ると、売却を検討する方は、早期に検討を進めるほうが良いでしょう。高値を維持している現状で、自分の所有している不動産の売却を検討するのが効率的です。今後も地価の下落の傾向は継続する見込みがあります。高値での不動産売却を検討する方は早期の売却を検討しましょう。


3.公示価格はアテにならない。最高価格は約2倍もついた?
北九州市で不動産売却を検討する方も、事前に公示地価を参考に取引事例を参照していく形を取るのが一般的でしょう。公示地価に掲載されている情報は平均値を取っているケースが多く、実勢価格とは大きく乖離している場合も珍しくはありません。

実際に小倉市で取引されている事例でも、公示地価より遥かに少ない価格で取引されていたり、2倍近くの価格で取引されていたりと、公示地価に掲示されている価格とは大きく乖離されている場合も珍しくはありません。地元で評判のユニティハウスや第一不動産に不動産査定を依頼すれば、公示地価とは違う、信頼できる実勢価格を調べることが可能です。

不動産の売却や投資を考える方は、北九州でも評判のユニティハウスや第一不動産、北九州不動産のように信頼できる不動産会社に査定を依頼していきましょう。


4.売却するのであれば、地場の実績のある不動産会社を中心に査定
北九州市は、人口減少の傾向が見られ、他県からの人口流入は期待できない状況です。マンションや戸建ての売却を検討する場合は、住み替えを検討される方への売却を検討するのが良いでしょう。

北九州市で評判のユニティハウスや北九州不動産、第一不動産に不動産査定を依頼すれば、地域に根差した適正な価格での不動産査定を受けることができます。住み替えを検討する方への物件売却だけではなく、北九州へ投資を考える他県の投資家の方にも、北九州不動産やユニティハウス、第一不動産は、高い評判を得ています。

公示地価とは違う、実勢価格に従った適切な不動産査定を行うことができ、高値での不動産売却が可能になります。少しでも高値での不動産売却の実現には、地元の信頼できる不動産会社への売却依頼が大切です。

Copyright 2013-2019 不動産を査定する.jp