いつ売るの?草津市で不動産査定!ちょっとした不動産バブル状態!

草津市で不動産物件を売りたいと考えている時に、気になるのは地価の状況がどうなっているかと言う点でしょう。結論から言えば草津市には好況を呈しているエリアが多く、不動産売却には有利と考えられます。

これから草津市で売却を目指すならば、積極的に不動産査定を利用して高額での売却を検討してみて下さい。今回は中でも気になるエリアの動向や、地価上昇が続くのかと好況の理由などについて詳しく見ていくことにしましょう。


もくじ
1.草津駅・南草津駅周辺を注意審に地価上昇中、草津市全体でも好況
2.滋賀県の東海道線沿線エリアは人口増が続く
3.南草津駅は特に人工も増え続けるので、地価上昇は続く
4.どこまで上昇するのか把握しにくいので売り時の見極めが難しい


1.草津駅・南草津駅周辺を注意審に地価上昇中、草津市全体でも好況
京都府や三重県に隣接している滋賀県は、新たなベッドタウンとしての人気もあり、地価上昇が見られるエリアがあります。中でも草津市は人気が高くなっており、特に草津駅・南草津駅周辺では目を引くような上昇が見られます。
草津市は大津市に次いで県内二位の人口総数を誇っており、京都都市圏に含まれているのが特徴。かつては宿場町として栄えたように交通アクセスに優れているのが魅力です。現在は第2次産業が集まっていることもあり、活性度は高めとなります。

気になる地価に目を通してみると、市内全域で上昇傾向にあり、一部エリアでは3%以上と言う伸び率を示していることもあります。市街地再開発などを考えると、この流れは暫く続くでしょう。


2.滋賀県の東海道線沿線エリアは人口増が続く
全国的な人口減少が社会問題となっており、これは関西であっても例外ではありません。しかし中には人気の高いエリアで、人口が増えているケースも有るのです。そのようなエリアは多くはありません。そして近畿圏内で唯一の増加傾向にあるのが、滋賀県の東海道線沿線エリアとなります。これには京都駅周辺のバブルによる好影響や、建築基準の厳しさが理由となるでしょう。

このエリアにはサブライム不動産やライフアドバンス 湖南の他に、ウィル ハウス・栗東不動産などの会社があるので、不動産査定を利用してみるのがおすすめです。不動産査定を行うことで相場や、地価変動のデータを集められるので、最適な売りどきを見極めやすくなるのがメリットです。


3.南草津駅は特に人工も増え続けるので、地価上昇は続く
南草津駅はショッピングセンターや工場、立命館大学の存在などによって好況を呈していると考えられます。これらの存在によってタワマンや新興住宅街のメッカと化していると言え、この開発は当面続くでしょう。フェリエやザ・草津タワーも好材料となっています。

地価上昇はこれらの施設が使いやすいエリアで起こりやすいと考えられます。立命館大学は人気の大学ですから、これに伴って学生向け施設や一人暮らし用のマンション需要が高まるわけです。ショッピングセンターのフェリエなどの人気施設の登場で、ザ・草津タワーと言ったタワマンも建築されてきています。

もしも立命館大学やフェリエ、ザ・草津タワーなど南草津駅周辺の土地を持っている場合には、ぜひ不動産査定を利用してみましょう。サブライム不動産やライフアドバンス 湖南の他に、ウィル ハウスや栗東不動産は、このエリアの発展事情にも詳しいと考えられます。


4.どこまで上昇するのか把握しにくいので売り時の見極めが難しい
草津市での不動産売却タイミングは、色々な要素が複雑に絡み合っているので、正確に予測をたてることは難しいでしょう。具体的にどの程度まで価格が上昇するかは不透明で、このために最高値で売るのはタイミングを見図りにくいと予測されます。ただし全体的に人気エリアで、地価上昇は続いているので売却自体は実施しやすいです。売りたいと思った時には、比較的楽に購入希望者が見つかるはずです。

人気エリアでの売却になるので、サブライム不動産などの大手と契約できるのが魅力です。他にライフアドバンス 湖南やウィル ハウスの他、栗東不動産ともなどもあります。

不動産査定はこれらの会社を利用して行くのがおすすめです。加えて売却時には媒介契約も必要になりますが、こちらも上記の会社から選ぶと良いでしょう。

Copyright 2013-2019 不動産を査定する.jp