金沢市で不動産査定・売却前に知っておきたい4つのポイント

不動産取引には数千万円単位のお金が動き、誰もが絶対に失敗したくないと思うものです。但し何故不動産価格が上昇するのか、逆に下降するのか等の情報に関しては疎いのが現状です。

今後の価格はどうなるのか、全く関心を寄せないケースも珍しくありません。ニュースや新聞なのメディアで取り上げられるのは、殆どが商業エリアの話です。それ故、自分の知りたい不動産情報に関しては、大雑把にしか把握できません。そこで当記事では、金沢の不動産査定や売却に役立つ情報をお届けします。



もくじ
1.地価は石川県全体では下落傾向だが金沢駅周辺は上昇トレンド
2.住宅購入者数は減少傾向だが、観光のニーズで観光地周辺は上昇傾向
3.公示価格以上の額面で取引がされている
4.金沢周辺なら好きなタイミングで長期戦ができれば、強気の販売計画を!

1.地価は石川県全体では下落傾向だが金沢駅周辺は上昇トレンド
東京がオリンピックの開催地に決まってから、外国人観光客が急激に増加しています。石川県でも北陸新幹線の開業により、日本人や外国人の宿泊客が目に見えて増えています。観光地で有名な兼六園や東茶屋町、武家屋敷跡周辺の商業エリアでは多くの建物やホテルが建設されているわけです。

そうしたことから、周辺エリアは地価が大幅に上昇したと言えます。それに対して郊外では、地価の下落が目立ち始めています。その主な要因としては、戸建て住宅に対する需要が減少していることが挙げられます。戸建て住宅の需要を担う30代の人口は、既にピークを過ぎていることが背景にあります。

石川県でも5年間で5万人のペースで減り続けていると言われます。三匠不動産やオリエル不動産株式会社は金沢市の不動産売却で実績を持っています。それ故、不動産査定を安心して依頼できます。


2.住宅購入者数は減少傾向だが、観光のニーズで観光地周辺は上昇傾向
今直ぐ不動産を売却するより暫くしてから売った方が高く売れるのではないか、判断するのは難しいと言えます。

それ故多くのケースでは不動産会社の不動産査定に頼るしかありません。それでは極めて残念な事態になりかねません。不動産取引は人生の中でも最大級の大きな判断となります。

それ故、それに成功できれば、その後の人生の自信や余裕にもなるわけです。47都道府県で400以上のエリアで5万点に及ぶ公示地価と基準地価を調べた結果、不動産価格の変動理由は簡単でした。

高柳などの住宅地に関しては、購入後に直ぐに売却されるものではないと言えます。周辺環境や人の流れも、大きく変化することはありません。三匠不動産は金沢市で豊富な不動産売却の実績があり、気軽に不動産査定の相談が出来ます。


3.公示価格以上の額面で取引がされている
アベノミクスや日銀の異次元の緩和によって、金沢市の地価は上昇傾向になりました。特に金沢駅周辺エリアでは、大きく上昇しています。

一方で駅から離れたエリアでは、6年間で10%以上下がった地域もあります。全国的に地価が上昇傾向になったのは、金利の低下によるものです。2013年以来の日銀による緩和政策により、金利は大きく低下したわけです。

金利面に焦点をあてれば、5年間の同じ返済額でみると、2割高い土地を購入できるようになったと言えます。その為、金沢駅周辺のような人気エリアでは、地価の大幅な上昇が起こりました。

都市部では通勤需要により、駅近のマンションや戸建てが人気化しています。郊外でも、新興住宅地や大型商業施設の近くは土地価格が高くなる傾向があります。オリエル不動産株式会社は金沢市高柳の不動産売却の相談ができます。


4.金沢周辺なら好きなタイミングで長期戦ができれば、強気の販売計画を!
過去の経験から、オリンピック開催以降も外国人観光客の減少は見られません。特に中国や東南アジアの経済成長を背景に、旅行客が石川県や金沢にも沢山訪れるようになっています。

この傾向は持続的だと考えられるので、オリンピック以降も減ることはないだろうと言われます。金沢は北陸で最も人気の観光エリアであり、外国人観光客の増加によって恩恵を得やすくなるわけです。

それゆえ、郊外の地価は下落傾向だとしても、駅や観光地周辺の地価は上昇や回復が期待できます。金沢であれば、都市部でも坪単価が50〜70万円の土地が見つけやすいものです。

郊外の土地であれば、地価が下落する前に売却するのがおすすめです。金沢周辺の人気エリアなら、長期戦による強気の販売計画が良いと言えます。オリエル不動産株式会社や三匠不動産は高柳の不動産査定を依頼できます。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp