鹿屋市で不動産査定・売却前に知っておきたい4つのポイント

鹿屋市で中古物件や競売物件を不動産売却したいというニーズを持たれている場合、早めの売却を行っておいた方が良いです。
 早期での売却をするべき理由は、鹿屋市の地域的な特性が関係してきています。では、正確に不動産査定を行った上で不動産売却を行うために、鹿屋市の中心地はもちろん、今坂や宝生といったローカルな地域の状況にまで踏み込んだ情報の確認が必要です。
 それらの点を踏まえた上で、細かな地域性を確認しながら、鹿屋市における不動産売却について解説をいたします。


もくじ
1.中心地の地価は横ばい、郊外は下落傾向
2.長期的に見て地価上昇を望めない?
3.公示価格以上の取引金額が出ているので、売るなら早い方が良い?
4.全国大手ではなく、地場の不動産会社の査定、媒介契約がオススメ



1.中心地の地価は横ばい、郊外は下落傾向
 全体的には土地の価格が下落している鹿屋市ではありますが、今坂や宝生といった中心地の地価については横ばいの状況が続いています。その反面、中心地から離れた場所にある郊外は、地価が下落傾向です。
 ではまず中心地の地価が横ばいになっている点から説明していきます。鹿屋市の中心部は、人の集まる商業施設があるということと、それに加えて地域おこしが盛んに行われているという点が特徴です。
 このような特徴があるため、人口の減少が少なく人の出入りが多いために、地価にもその要素が加味されて下げ止まりの状況が続いていると考えていいでしょう。一方、郊外は特に価格の下げ止まりを起こすような目立った要素が無いことから、これから先も下落していく傾向が見込めます。


2.長期的に見て地価上昇を望めない?
 鹿屋市において、これから先の地価を予測してみると、やはり長期的には土地の価格の上昇は見込めないと判断できます。なぜ地価上昇を望むことができないのか、その理由は人口の現象と空き家問題、そして地域開拓事業の現象です。少子高齢化のため、日本全体で人口減少が起こっていることに加えて、鹿屋市のような地方ではそこで生まれ育った人が都市部に流出するという現象が起こっています。
 そのため、その土地に家を建てるようとしたり新規の竣工をしようとしたりする人が少なくなり、価値は一方的に下がる傾向になっていると考えていいでしょう。
 これらの詳しい地価の状況に関しては、その土地の情報に詳しい、平山不動産や前園不動産、しんよう不動産といった専門的な会社に不動産査定を依頼すると的確な判断をしてくれます。


3.公示価格以上の取引金額が出ているので、売るなら早い方が良い?
 中古物件や既に所有している物件を競売物件として売却しようと考えているのであれば、できるだけ早いタイミングで売る方が良いと言えます。
 なぜならば、公示価格以上の取引金額が出ている状況にあるため、不動産査定を行って算出された金額よりも高い値段で取引が成立する事も見込めるからです。
 特に、地価の価格が横ばいでである中心地、その中でも今坂や宝生といった場所に存在している中古物件や競売物件については、まだ需要があるので公示価格以上での取引が行われやすいと考えていいでしょう。
 この需要はいつまで続くのか推測ができないので、その地域に特化した知識を持つ平山不動産と前園不動産、しんよう不動産に取引の仲介を依頼するという方法もあります。


4.全国大手ではなく、地場の不動産会社の査定、媒介契約がオススメ
 不動産会社には全国大手の会社と、中小企業的なその土地に根付いたローカルな情報に通じている不動産屋が存在しています。
 それぞれの会社は双方に活用するメリットが存在していますが、鹿屋市においての中古物件や競売物件の不動産査定を行うのであれば地場の不動産会社である平山不動産や前園不動産、しんよう不動産といった会社を通じて行うことが良いです。鹿屋市における物件の取引は、他の地域からの流入ではなく、地元の人が家族構成の変化による住み替え需要によって売買をすることが多いため、地元の人のことをよく知っている地場の不動産会社に依頼することで、正確な不動産査定を行った上で円滑な取引を行ってもらうことができるでしょう。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp