熊本県で不動産査定・売却前に知っておきたい4つのポイント

熊本で所有している土地を今の時点で売りたいと考えているのであれば、その所有している物件が売りやすい物件なのかという点について、不動産査定を行うことが必要です。

そして不動産査定は、信頼できる不動産会社で行うことによって、適切な見積もりや査定を完了してくれます。

熊本という土地柄の状況を詳しく理解した上で、上手に不動産査定を行ってもらえる方法について、細かなローカル的情報を織り交ぜながらご紹介していきましょう。


もくじ
1.地価は横ばい、熊本市を中心に荒尾市、菊池市が上昇傾向
2.人口減や公共事業減ではあるが復興需要が地価を押し上げ
3.郊外は下降トレンドが止まらず、売却を検討するなら、早い方が良い?
4.都市部も復興需要がどの程度継続するかが鍵になる



1.地価は横ばい、熊本市を中心に荒尾市、菊池市が上昇傾向
熊本県で不動産売却を考えるのであれば、まずはその場所にどのくらいの地価がついているのかを確認することが大切です。具体的なデータを確認してみると、熊本における今の地価は、過去と比べて横ばいであることが現状となっています。このような横ばいの状況を作り出している要員の一つは、熊本県において公共事業が少なくなってきている点が挙げられるでしょう。

政府の動向的に、公共事業は全国的にあまり行われていません。そのため、熊本県においても土地の上昇する要員が他に無い場所は、公共的な事業の現象により土地の価格は上げ止まり感があります。しかし、都市部である熊本市を中心にして、荒尾市や菊池市は、他の地域とは違って地価が上昇傾向です。


2.人口減や公共事業減ではあるが復興需要が地価を押し上げ
熊本県における今の地価相場を語る上で欠かせないのが、復興需要という特需の要素です。熊本県は郊外的な立地であることや少子高齢化によって人口が減少したり公共事業の減少が起こったりするなど、地価を下げる要素が多々有ります。

しかし、熊本県で発生した大震災によって倒壊した街を復興するための事業があるので、それが地価を押し上げる要素になっているのです。震災の影響は大きかった事もあり、復興をするまでにはまだしばらくの期間が必要となっています。そのため、復興に関する需要についてもまだ時間がかかるので、地価を押し上げる要因も長期的に続くと考えていいでしょう。

特に被害が大きかった地域は復興に関する需要が大きいので、土地の価格が高くなっている可能性もあります。これらのローカルな土地価格の詳細については、明和不動産に問い合わせると、的確なアドバイスを受ける事もできるでしょう。


3.郊外は下降トレンドが止まらず、売却を検討するなら、早い方が良い?
熊本市などの都市部の地価は上昇傾向にありますが、それ以外の郊外においては、価格の下降トレンドが止まらない状況に陥っています。熊本において下降トレンドを作り出しているのは、地価を押し上げる決定的な要素が無い事です。熊本市のような栄えた町は、それだけで人口の流入が多くあるので、地価が下がりにくい傾向にあります。その点を比較する形で郊外の土地を見てみると、人口は少なくなり、そこで行われる事業もあまりなく、その地域の価値の相場を上げるだけの決定的な要素が足りていないです。

もしも中心地以外の土地を持っているのであれば、値段の下落が止まることを知らない状況なので、早い段階で明和不動産などの会社で不動産査定を行ってもらった上で、早めの不動産売却を行った方が良いです。


4.都市部も復興需要がどの程度継続するかが鍵になる
熊本市を中心とした、熊本県内にある都市部の地域においては、それほど土地の価格が下落はしていません。ですが、その都市部の土地が現状を維持しながら下落しないという保証はありません。

特に、この地価の上昇トレンドについては、特需の一つである復興需要がどれだけ継続して維持できるのかが鍵となります。復興需要は長期的に続くことが推測できますが、決して永久に続く物でありません。そのため、復興需要がどれくらい継続するかを意識しながら、地価が下がりそうになったタイミングで売却をすることが必要です。

ベストなタイミングで所有している不動産の売却をするならば、明和不動産のような信頼できる会社で不動産査定を受けて相場の情報を掴み、損をしない価格で売却してしまうのも一つの不動産売却方法となります。


ではでは、よろしくお願いします。
また、当日、ドラッグストア向けにショットですが、売上になる話と、林さんのネットワークでもしかすると響く相手いるかも的な当社の新事業のお話もさせてください。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp