空地は売れるのか?

 2013-12-26   不動産 | 空地 | 売却 | 査定 | 資産 |
不動産売却をしたい人の中には、変わった空地を所持している人も多く存在します。例えばそれは畑であったり、極端に小さい空地であったり、敷地面積が狭すぎる空地であったりします。そんな空地は本当にちゃんと不動産売却できるのかと自ら疑問に感じてしまい、なかなか不動産売却に踏み切れずにいる人がいるのです。
実はそんな空地、購入したいなと考えている人が近所にいる可能性が高いのです。例えば息子夫婦の新居を与える、自宅近くに駐車場を作る、隣の空地を買い取って増築したいなど、空地を利用する目的は沢山あります。不動産売却に出していない空地でも購入希望者から連絡が来る場合も少なくありません。そのくらい不動産売却業者にとって空き地は売って欲しいものであったりするのです。空地を所持している人は一度自分の所有する空地がどのくらい価値があるのかを不動産査定に出してみる事をお勧めします。自分の身内が所持している、これまで無駄に所持している空地等も、不動産査定に一度出してみてはどうかと助言してあげるのもお勧めします。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp