酒田市で不動産査定・売却前に知っておいて欲しい事

アベノミクスが始まって以来、日本全国では低金利を背景として地価の上昇が続いていますが酒田市では多くの地域が下落傾向にあります。
郊外にショッピングモールができたり、公共事業が減少したことなどが主な原因です。一方でショッピングモールの近くなど利便性が高く人気のある地域では地価が上昇傾向にあります。
不動産売却を希望する場合にも、土地や家のある地域の状況を考慮しなければなりません。より高値で売却したいのであれば、地元で活躍するプロの不動産会社に相談するとよいでしょう。


もくじ
1.近年公示価格は下落傾向
2.駅前の再開発、ショッピングモールが今後の地価の状況を占う
3.駅前やモール近辺は、様子を見ても良い
4.地場の実績のある不動産屋がオススメの理由


1.近年公示価格は下落傾向
山形県酒田市の土地の公示価格は2013年からの6年間で4.7%も下落しています。2013年にはアベノミクスが始まり日銀による異次元緩和が行われるようになりましたが、酒田市の土地の価格は下落傾向が続いています。2013年から2019年にかけて酒田市の地価はほぼ全域で下落しました。
ただし酒田駅の南側にあるみずほ地区やこがね地区はショッピングモールや保育園、小学校などがあり便利なため地価が上昇しています。酒田市で土地と家の購入を希望する人の多くが、生活しやすいみずほ地区やこがね地区を選んでいます。
2013年4月から日銀による異次元緩和が始まり金利が低下したため、全国的に土地価格は上昇傾向にあるとされます。しかし酒田市では一部の地域を除いて地価の下落傾向が続いています。


2.駅前の再開発、ショッピングモールが今後の地価の状況を占う
日銀による異次元緩和で金利が下がり土地や家を購入しやすくなったことから、日本全国で地価が上昇しています。
異次元緩和の開始以降、住宅ローンを利用すれば同じ返済額で2割ほど高い物件を購入できるようになりました。地価が下落傾向にある酒田市でも人気の地域では土地の価格が上昇しやすくなっています。
一般的に都心部では通勤需要から駅に近いマンションがあり、郊外ではショッピングモールがある場所や大規模な新興住宅地で地価の上昇傾向が見られます。
酒田市では多くの地域で地価が下落傾向にありますが、その大きな原因は郊外のショッピングモールや公共事業の減少です。今後地価が上昇するかどうかは、駅前における再開発やショッピングモールの出店などにかかっています。



3.駅前やモール近辺は、様子を見ても良い
酒田市の北部や南部など郊外にはショッピングモールがあるため、駅前よりも多くの人々が集まっています。ショッピングモールのある地域は利便性が高く家を購入したいと考える人も多いのが特徴です。
しかし現在でも鉄道は市民にとって重要な移動手段なので、郊外のショッピングモールがある地域だけでなく駅前も人気があります。人気の地域は価格が上昇しやすいため、早期に不動産売却を行うのではなく様子をみると良いでしょう。
市場価格が高くなった時点で不動産査定を受ければ、より大きな売却益を得ることができます。一方であまり人気のない地域では今後も不動産価格の下落傾向が続くと考えられるので、早期に売却してしまった方が良いでしょう。


4.地場の実績のある不動産屋がオススメの理由
不動産売却を希望する場合には、アイ不動産など実績のある会社に不動産査定を依頼するとよいでしょう。
アイ不動産は長年にわたって酒田市で活動してきた実績があり、媒介契約などもスムーズに締結できます。買主との媒介契約を素早く行えるだけでなく、不動産査定額も市場の状況に照らして正確に行ってくれるので安心です。
より迅速に高値で不動産売却を行いたいのであれば、アイ不動産のような会社に不動産査定と媒介契約を依頼するとよいでしょう。不動産査定は実績とノウハウのある会社に依頼することが大切です。現在は低金利な状態が続いており土地や家を買いやすくなっているので、アイ不動産に相談すればスムーズに買主を見つけることができます。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp