新浦安で不動産売却する前に知っておきたい4つのポイント

関東地域は基本的に不動産需要が高く、売却のタイミングに注意することによって大きく得をする可能性があります。とはいうものの、関東地域の中にも地域ごとの違いがあり、それぞれの場所ごとに売却の際のポイントも変わります。新浦安ならではの特徴に触れていきます。
そこで新浦安で不動産査定を行う際のポイントについて解説していきます。評判の詳しい内容についても説明するので、売却を検討している方にうってつけです。


もくじ
1.住宅地の公示価格は、千葉県の平均よりも上昇中
2.東京からの通勤の好立地
3.戸建て中心に日の出6~7丁目は人口増加中
4.価格の上昇は限定的、売るのであれば、早い検討がオススメ


1.住宅地の公示価格は、千葉県の平均よりも上昇中
新浦安の不動産査定価格は千葉県全体の平均よりもやや高めとなっています。不動産査定価格が高めになっている理由はいくつかありますが、中でも大きいのが京葉線の駅があることです。京葉線を利用することで舞浜、京浜幕張、東京駅などに簡単に移動することが出来ます。
このアクセスの良さが不動産の評判の高さに繋がっています。東京オリンピックが開催されると、ますますこの地域の評価が上がる可能性もあります。一方でオリンピック後にどうなるかについては分からない部分もあるので、それまでに売却したいと考える方も少なくありません。エルシティやオープンハウスなどの企業も新浦安の不動産に対して高めの査定額を提示していて、そのことも注目されています。


2.東京からの通勤の好立地
新浦安は東京へ通勤していく方にとって好立地となっています。京葉線、武蔵野線を利用することによって簡単に東京都内に行くことが出来ます。東京に住宅を建てるとなるとどうしても土地代が高くかかりますが、新浦安であればそこまで高額にはならないので人気があります。また、千葉県は人口が東京よりも少ないので渋滞が起こりにくいというメリットもあり、通勤だけで東京に行く方にとって非常に良い立地といえるでしょう。
新浦安駅には待避線と呼ばれる設備があります。これは通勤快速の通過待ちで使われるものであり、快適な移動を支える重要な要素となっています。いずれにしても移動がしやすい立地なので、不動産査定で高評価を受けることが多いといえるでしょう。不動産売却をするにはうってつけであり、売買経験のない方にもうってつけです。


3.戸建て中心に日の出6~7丁目は人口増加中
リバブルや明和地所が注目しているのが人口の上昇です。日本全体では人口減少が進んでおり、1つの社会問題となることもありますが、新浦安の日の出地区は基本的に人口が増加傾向にあります。人口が増えると小売店などの数も増えやすくなるため、リバブルや明和地所が高い不動産査定を行っています。
不動産売買を行いたい方にとっては大きな利点といえます。ただし、人口の増加が今後も続いていくかは読めない部分もあります。そこで人口が増加している間に売却してしまうという方もいます。大手企業としても知られるリバブルや明和地所の不動産査定はその精度が評判となっているので、精度の高い査定を受けたいという方には特におすすめ出来ます。


4.価格の上昇は限定的、売るのであれば、早い検討がオススメ
オープンハウスやエルシティなども新浦安の不動産査定では高い価格を付ける傾向があります。価格は少しずつ上昇しています。ただ、この上昇は限定的な部分もあります。いつまでも上昇するかというと、そうとは言い切れない部分があるので注意しておきましょう。そこで早めに売却をすることが有効です。
売却を検討している方はオープンハウスやエルシティに相談することをおすすめします。不動産売却を行う方は増えると価格の上昇が止まる可能性があります。舞浜からも近いという利点は不動産売却の際の強みになります。これまでに不動産売買をしたことがない方もこの機会に検討してみるといいかもしれません。舞浜の不動産も新浦安と同様に上昇しています。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp