住友不動産販売で不動産査定はオススメ?

一戸建てを売却しようとするとき、不動産会社の協力を仰ぐのが一般的です。また、売却するときには対象となる物件、例えば一戸建てなら土地および建物の価値を正確に見出して貰うための不動産査定が欠かせません。不動産査定を行っている会社は多数ありますが、大手の住友系列の住友不動産販売は信頼ができるのではないか、高い値段で売って貰えるのではないか、このような安心感や期待感を持つ人は多いといえましょう。


もくじ
1.大手なのに地場の不動産屋の対応!全国272店舗の地域密着型
2.広告ネットワークの規模が違う!
3.買取保証があるから安心
4.相続税立て替えや買替購入立て替えなどのサービスがある



1.大手なのに地場の不動産屋の対応!全国272店舗の地域密着型
住友不動産販売は、住友グループに属する不動産会社です。住友と聞いたとき知らない人はいないといって良いほど最大手です。当グループは、戦前の住友財閥の流れを汲む企業グループのリーダーでもあり、その歴史となりえる源流企業は1590年創業の住友金属鉱山といいます。規模が大きい会社なので小さな仕事は積極的に取り入れてくれないのではないか、ましてや不動産査定を依頼しても適当にあしらわれてしまうのではないか、このような不安や疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。しかしながら、この会社は大手ではあるけれども地場の不動産会社のような対応を行う、全国には272の店舗を構える巨大なネットワークと東京や大阪などの首都圏や四国などの地方、それぞれの地域に密着した営業スタイルを持っているのです。


2.広告ネットワークの規模が違う!
住友不動産販売のネット広告や電車の中に掲載してある広告など、何かを目にすることがあると感じている人も多いのではないでしょうか。大手の会社なので、広告などを出さずにいても自然と仕事が入りそうなイメージを持っている人も多いかと思われますが、不動産情報は広告が命でありこちらの会社には巨大な広告ネットワークがあるので全国各地の不動産の情報をいち早く取り入れられるなどの強みを持ちます。
特に、過去の取引事例は不動産査定の中で重要な材料になるもの、現在売り出し中の物件だけでなく近隣エリアではどのような物件がどのくらいの値段で取引されていたのか、このような情報を加味することで市場のニーズを捉えて適正な価格で売却ができるメリットに繋がって来ます。


3.買取保証があるから安心
住友不動産販売には、仲介としての役割の他に買取業者としての役割があります。一般的に、不動産売却といったとき所有している一戸建て住宅を他のお客さんに売るなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、こちらの会社では購入希望者への仲介役と同時に自社が買取を行って、購入した土地に新しい家を建築・販売するといったビジネスも行っています。
売りに出したけれども中々売れないときなど、買取保証を持つ住友不動産販売であれば売る側も安心ではないでしょうか。なお、仲介での実績はもちろんのこと新築分譲住宅などの販売実績も多くありますので、どうしても売れないと感じたときなどこちらの会社に相談することで問題を解決できる魅力があります。また、買取の場合は仲介とは異なりますので仲介手数料が要らなくなるメリットも出て来ます。


4.相続税立て替えや買替購入立て替えなどのサービスがある
不動産査定や買取、そして仲介としての実績を多数持つ、東京や大阪などの都市部だけでなく四国などのエリアにおいても実績が多数あるのは、住友不動産販売と呼ぶ会社が持っているネットワークがあるからです。比較的東京や大阪などでは売れる可能性が高いけれども四国ともなると中々売れないのではないか、このようなイメージを持っている人も多いようですが、住友不動産販売には全国のネットワークと対象エリアに密着した営業スタイルがあるので全国どこでも可能にしているわけです。買取の場合には手数料がかかりませんし、こちらの会社には相続税や買替のときの購入代金など、立て替えサービスなど手数料以外にも税金や資金などの立て替え利用ができる魅力を持ちます。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp