静岡県駿河区で不動産売却する前に知っておきたい4つのポイント

静岡県静岡市の駿河区で不動産売却を行いたいと考えるのであれば、不動産査定を依頼する前にこの土地の状況や価値について知っておくことが大切です。たとえば、上昇傾向や下落傾向は必要不可欠な知識だと言えます。
正しい知識を持っていなければ、売却を行うときに想像以上に低い売値になって後悔したり、売却のタイミングを逃してしまったりする可能性が高いです。満足度の高い売却を行えるようにするためにも、いくつかのポイントを押さえておくことが大切だと言えます。


もくじ
1.駅に近い地域中心に土地価格上昇
2.郊外は下落傾向
3.コロナ不況が静岡県下の自動車産業を直撃
4.不動産売却なら早い方が良い


1.駅に近い地域中心に土地価格上昇
駅に近い地域を中心に土地価格が上昇しており、近頃は静岡駅付近の土地価格上昇が顕著だと言えるでしょう。2013年に異次元緩和政策が始まってから金利が大きく低下しており、ここ数年間で買い手は以前と同じ返済額で2割ほど高い物件を購入できるようになりました。
金利が低下する前よりもお得に購入することができるようになったという背景があって不動産を購入する人が増えており、人気のエリアでは土地価格が上昇しやすくなったというわけです。特に、通勤需要から駅近物件の人気が高まっています。静岡県静岡市駿河区の中でも、駅に近い地域は土地の価値が上がっていることを知っておきましょう。この地域の不動産売却を行うのであれば、満足度の高い不動産査定になる可能性が高いです。


2.郊外は下落傾向
静岡県全体の土地価格が上昇していると勘違いする人もいますが、郊外は下落傾向であると知っておく必要があります。
静岡県では2007年頃から家を建てる人が減っているという状況があり、人気の高い駅に近い地域以外は家を建てる人が少なくなっているというわけです。空家率も年々増加していることからも分かるように、県内では家が余っている状況だと言えます。つまり、駅に近いマンションを購入する人はいるけれど、郊外で一戸建てを求めている人は減っている状況です。
残念ながら、近年では10年以上こういった傾向が続いているので、郊外は土地価格が下落し続けてもおかしくない状況であると不動産査定前に理解しておく必要があるでしょう。


3.コロナ不況が静岡県下の自動車産業を直撃
新型コロナウイルスは経済に大きなダメージを与えましたが、静岡県でもコロナの影響を受けてしまっている部分があります。特に静岡県下の自動車産業はダメージが直撃しており、3月末に発表された緊急非常事態宣言によって自動車の販売台数が著しく減少していることを知っておきましょう。
4月の販売台数が前年同月比でマイナス65%を超えているメーカーもあり、非常事態宣言が解除されてからも販売台数はあまり回復していません。生産調整が続いているメーカーが多く、所得が厳しくなる人が増えてしまうので、その結果住宅購入を控える人が増えてしまうだろうと予測されます。
自動車産業でもコロナ不況が起こっており、今後もこれが土地価格の下落に繋がっていく可能性が高いです。


4.不動産売却なら早い方が良い
静岡市駿河区で不動産査定を依頼するかどうか迷っているのであれば、早いうちに依頼した方が良いと言えます。
郊外では年々不動産を購入する人が減っているので、更に土地価格が下落する前に売却を行った方が良いです。コロナ不況の影響はいつまで続くか正確に分かっておらず、静岡県では多くの地域で不動産購入を控える人が増え、土地価格が下落してしまう可能性があります。
駅近の物件は価格が上昇傾向にありますが低金利がいつまでも続くわけではないので、金利の変化によって駅に近い物件であっても価格が下落する恐れがあり、価格が高いうちに売っておくことがおすすめです。
様々な事情を考慮すると、静岡市駿河区では早めに不動産売却を行うべきなので、なるべく早く不動産査定が依頼できるようにしておきましょう。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp