不動産査定結果が高い不動産会社、信じていいの?

所有する不動産を1円でも高く売りたいといった希望を持つ人は多いわけですが、売却価格は売り主側が決めることができるけれど、いざ売ろうとした際にどのくらいの金額で売り出せば良いのかわからない人も負いといえましょう。こんなときに役立つ存在になってくれるのが不動産査定、プロが所有不動産の価値を見出してくれるので安心です。
ただ、不動産査定には数字などの情報だけで行う机上査定と現況を加味する出張査定の2つがあります。


もくじ
1.査定額は売却成約金額ではない!あくまで査定
2.数多くの業者に査定してもらい査定金額の内容を纏めておくこと
3.付近での販売実績の有無を確認する
4.高い査定の論拠が腑に落ちるかどうか?


1.査定額は売却成約金額ではない!あくまで査定
不動産査定は基本的に無料査定、ネットの中にある一括査定を使えば複数の不動産会社といったプロから見積もりを集めることも可能です。この無料査定は、売却を希望する物件の築年数・駅からの距離・広さ・地図などによる周辺環境調査などを基にして算出されるもので不動産査定の見積もりの中には高いものと安いものが存在することは決して珍しいものではありません。
ネットの一括査定で行われるものは机上査定と呼ぶもので数字や最近の取引事例などを基に計算が行われるなど、高いところと安いところが出て来るためあくまでも参考価格であることを把握しなければならないわけです。参考価格ですから売却成約金額ではない、販売のときの金額は現況を加味することが大切です。


2.数多くの業者に査定してもらい査定金額の内容を纏めておくこと
ネットで利用可能な一括査定は、住所や郵便番号を入力すると対応エリアにしている不動産会社が検索結果に表示される仕組みを持ちます。地域により表示される不動産会社の数は変わりますが、大半の場合が複数の選択肢がありますので数社への不動産査定の依頼が可能です。
なお、無料査定ですから費用をかけることなく売却希望の物件の価値を把握できますが、不動産査定を依頼すると個々の会社から査定額がメールなどで届き、その金額を比較すると高い会社もあれば安い会社もあるなど、査定額をまとめることが大切です。
まとめるときには、不動産査定を行った会社の実績や信頼性なども加味した形で行う実績が多い会社をいくつか選び、現況を加味する出張査定の依頼がおすすめです。


3.付近での販売実績の有無を確認する
実際の売却成約価格と不動産査定の金額が異なるケースは多いのですが、周辺で販売実績が多い会社の査定額は売却成約価格に近いことも多いようです。これは周辺地域での相場を正確に把握しているため、査定時点で実際の売却成約価格に近い金額を計上してくれるメリットに繋がものです。
なお、仲介を依頼した場合、成約となった際には仲介手数料と呼ばれる費用を支払う必要がありますが、ネットの一括査定は無料でも出張査定では費用がかかることもあるなど、事前に調べておくことが大切です。
仮に、出張料などの費用が掛かることを知らずに依頼してしまうとそれぞれの会社に対して出張料を払うなどのトラブルが起きることもありますので注意が必要です。


4.高い査定の論拠が腑に落ちるかどうか?
費用がかからないかといって、一括査定で表示されたすべての不動産会社に対して不動産査定を依頼することはよろしくありません。
無理やりなセールスを受けてしまうトラブルが起きることもありますし、高い査定額を提示されたけれども実際に売れたときの金額はかなり安いなどのトラブルが起きることもあるためです。
高い金額で提示されることは売る側にとって魅力的に感じる部分ではありますが、その金額が根拠があるのか否かを見極めることも大切です。なお、査定を行う会社の中には不動産の買取を行っているところもあり、買取の場合は査定額が低めに設定されることが多いようです。
その理由の中には買取した不動産は安く買い取って、高く売るなどが挙げられます。

Copyright 2013-2020 不動産を査定する.jp