茅ヶ崎市で不動産査定する前に知っておきたい基礎知識

「茅ヶ崎」といえば海ですよね。また美味しい海鮮が食べられる街でもあります。そういったことから、都内の人が週末に遊びにくる街として有名です。しかし、近年では都心部に住んでいた人が茅ヶ崎に移住を決めるなど、移動の変化が起こっているのです。
そのため茅ヶ崎周辺の不動産査定において、前年とは査定価格になりつつあります。そういったことも踏まえ、駅前周辺の商業地域の「地価の上昇」から引き起こされることなど、土地やマンション査定の前に知っておかなければない情報はたくさんあります。


もくじ
1.茅ヶ崎駅周辺のみ通勤需要で地価上昇中
2.湾岸エリアは元々高すぎ、辻堂や藤沢にに流れ入る
3.生産緑地問題で郊外に不安
4.郊外なら早急に売った方がよい!幅広く不動産会社に査定してもらう


1.茅ヶ崎駅周辺のみ通勤需要で地価上昇中
まず、茅ヶ崎周辺で通勤需要が要因隣地価が上昇中であることについて知っておきましょう。この周辺に住んでいる人は、横浜や都市部で仕事をしている人や、学校に通っている人が多いです。
駅に近いことから多くの商業地域が隣接しており、生活するのに非常に便利で住みやすいため、駅周辺の通勤需要は上昇中です。都心から茅ヶ崎駅前に移住を決めた人も最近では増えてきました。
主にリモートワークが主体となりつつありますが、定期的に都心の職場に行く必要性があることから湾岸よりも駅前の不動産を選ぶ人もいるのです。駅前は人気のエリアであることがいえます。この付近の土地の不動産査定を依頼する時は、他のエリアよりも高い値段で取引される傾向が高いとった情報をおさえておく必要があります。


2.湾岸エリアは元々高すぎ、辻堂や藤沢にに流れ入る
茅ヶ崎の湾岸エリアは、長年富裕層のための別荘などをはじめ、高価格帯の不動産が集まっている場所として有名であり、このエリア一体は発展を遂げてきました。松ヶ丘や松尾や南湖、松波などが挙げられます。そのため現在でも湾岸エリアの不動産は高いです。
若い人にとって、海が見える家に住みたいと思っても中々難しい現実があります。さらに、多くの人は「茅ヶ崎」ではなくその近辺である辻堂や藤沢に流れるといった傾向もあるのです。
特に藤沢駅は小田急線のターミナル駅の一つであり、新宿まで一本で行ける魅力があります。都心で仕事をしている人にとって、海の近くに住むこと、そして通勤の便利さと価格を考えると茅ヶ崎よりも藤沢に住みたいと考えている人も少なくないといった情報を知っておきましょう。


3.生産緑地問題で郊外に不安
次に生産緑地問題について知っておきましょう。生産緑地とは、1992年に生産緑地法で定められた土地制度の一つで、「最低30年は農地や緑地として、土地を維持する代わりに税制優遇を受けることができる」といったものです。では、なぜ郊外で問題になっているのでしょうか。
実は、生産緑地は1992年に一斉に指定されているため、指定の日から30年の営農義務が終わる2022年に一斉に生産緑地の指定の解除がされるのです。
そのため大量に市場に土地が供給されることになり、地価の下落を招く恐れがあると懸念されているのです。松ヶ丘や松尾や南湖、松波などの湾岸エリアでさえも、生産緑地法で定められた土地があるのなら、一気に下落とったこともありえるでしょう。


4.郊外なら早急に売った方がよい!幅広く不動産会社に査定してもらう
以上のことから、不動産査定を考えているのなら早めの売却をおすすめします。茅ヶ崎周辺の駅前の商業地域や松ヶ丘や松尾や南湖、松波などの湾岸エリアでも多くの下落要因があるため、今が一番良い売りタイミングであるのです。
その際に、茅ヶ崎の地元の不動産会社に不動産査定をお願いするだけではなく、横浜にある大手の不動産会社に査定をすることが良いでしょう。横浜にある大手の不動産会社はこのエリアでの購入を考えているお客さんを数多く紹介することができるため、多少物件が高くても「買いたい」という購入希望者がいます。
さらに不動産査定も地元の不動産会社よりも高く見積もってくれる場合が多く、その値段で成約といったこともありえるのです。

Copyright 2013-2021 不動産を査定する.jp