千代田区で不動産査定する前に知っておきたい基礎知識

今後訪れる可能性のあるハイパーインフレのリスクや、外貨とのバランスなどを考えると、タンス預金だけではとても安心した老後を迎える事ができない時代になりました。
そのため、不動産投資をする人なども年々増えているのが現状です。特に不動産価値がとても高い千代田区の物件などはかなり人気があり、住むための購入はもちろんのこと、貸し出すための購入を考えている人も多くいます。
ネットで検索すると驚くほど高額な分譲マンションなどを見つける事ができ、驚く人も少なくないと思います。


もくじ
1.人口増もありマンションの価格が下落する可能性が低い
2.不動産価格が高額なので、金利の易経を受けやすい
3.査定はどこに?全国の裕福層からの需要が見込めるので…
4.外国人向けの不動産会社や投資系企業、証券会社もあり


1.人口増もありマンションの価格が下落する可能性が低い
千代田区は今までは通勤などで通う場所であり、家族で暮らすには少し都会すぎるというイメージから敬遠されている場所でもありました。ところが現在は子育てに対する取り組みなどがとても充実していて、保育園代などが神奈川や埼玉などのベッドタウンと比較してかなり手厚いという事もあり、子育て世代の家族なども続々と移り住んでいるエリアでもあります。

そのため、人口が減り続けている周辺エリアに比べても、千代田区は人口が増えているので、マンション売却を行うために不動産査定をする場合にも、マンション価格が下がる可能性が低いという特徴があります。ネットなどの査定アプリでも簡易査定ができるので、一度確認してみるとご自身の物件の価値に驚くかもしれません。


2.不動産価格が高額なので、金利の易経を受けやすい
東京23区のほぼ中央に位置する千代田区にある分譲マンションなどは、基本的に不動産価格が高額です。千代田区は港区や中央区と並んで都心3区と呼ばれ、高級志向の人達にとってもブランド価値の高いエリアです。マンション売却を考えて不動産査定を行う場合には、千代田区の物件だというだけでもかなりの加点になります。

ただ、その分不動産価格はとても高額ですので、金利の影響はかなり受けやすい場所といえます。金利が高い時期に住宅ローンを組んで購入した人は、利息を払うだけでも郊外の1軒家が買えるレベルの金額になる事も少なくありません。
そのため、マンション売却や購入を考えた場合は、金利の状況は常に見ておく必要があります。


3.査定はどこに?全国の裕福層からの需要が見込めるので…
千代田区の分譲マンション等を求める層は、近隣の住民とは限りません。全国にいる富裕層と呼ばれる人たちが、居住する目的ではなく不動産を探している可能性が高いので、不動産売却を考えた時には全国からお客さんを探すほうが効率が良いです。
そのためには、全国に支店を持つ大手の不動産会社に不動産売却を行う物件の査定を頼んだ方が良いでしょう。大手の不動産会社はネットなどの情報も充実していて、査定アプリなども用意している事が多く、簡易査定は即時に行う事が出来、その後実際の不動産査定も全国にいる不動産鑑定士などがスピード感を持って対応をしてくれる事が多いです。
不動産査定は、土地の価値と建物の価値の両方を見ますので、千代田区の物件はかなり高額になる事が予想されます。


4.外国人向けの不動産会社や投資系企業、証券会社もあり
不動産売却を行うために本格的な不動産査定をする前に、まず査定アプリなどで簡易査定をしてみると大体の金額が把握できます。その査定された金額を頭に入れておけば、日ごろあまりなじみのない外国人向けの不動産会社や投資系企業に相談する際にも参考になります。
千代田区のエリアは日本の中でもトップに食い込む人気のエリアですので、外国人投資家も常に興味を持っている場所です。
特に外国人投資家の場合は、かなりの高額査定であっても買い手がつく事がありますので、国内専用の不動産会社だけではなく、外国人向けに行っている不動産会社や証券会社などにも購入者を探す事を手伝ってもらうと早めに購入者が見つかる事がありますのでお勧めです。

Copyright 2013-2021 不動産を査定する.jp