アパート売却の知識

 2013-12-31   アパート | 不動産 | 査定 | 売却 | 管理 |
普通の一軒家ではなく現在も住人のいるアパートを売却したい場合、そのアパートの管理者のバトンタッチという形でオーナーの権利ごとそのアパートを売る場合があります。不動産売却ですから勿論人が住んでいようといまいと不動産売却は可能です。
しかし、この場合重要なのは、そのアパートに住んでいる人から毎月の家賃がオーナーに入るということです。新しいアパートだと入居者探しをしなくてはいけなくなりますが、既に住人がおり家賃回収が可能な状態で不動産売却を行う場合には、その家賃も不動産査定の対象に入ります。
その他にも、周辺施設や建物の築年数など、様々な不動産査定の重要ポイントはあります。それらを全て踏まえた上で住人ごとアパートを不動産売却できます。アパートを不動産売却に出そうと検討されているオーナーさんは、出来る限り入居者の居る状態で不動産売却した方がお得です。
その為、アパートの不動産売却には普通の物件よりも、特に売却時期のタイミングを見極める必要性があります。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp