プレハブ工法家屋の査定にはメリットとデメリットがあります。

 2014-01-23
現在の家屋として最もポピュラーなプレハブ工法ですが、不動産査定ではあまり良い金額はつきません。これは不動産査定に限らず、商売として考えた場合には当然なことなのですが、新築としての価格が比較的安価なプレハブ工法の家屋に、不動産査定が想像以上に高くつくことはないのです。ではプレハブ工法が悪いのかというと、現代家庭事情を考えるとそうとはいえません。
昔は家は数世代に受け継がれるものでした。ですが現代では一生に二度建てる人がいます。これは一度目は夫婦+子供の家を。そして二度目は子供が独立して夫婦二人で住む家に建てかえるという方が増えてきているためです。こうなってきますと、安価でしかも立替に便利であるプレハブ工法は現代に即した家だといえます。
またプレハブ工法は不動産売却という面だけではなく、その工法ゆえ外壁のリフォームも比較的安価ですので、見た目が美しく保てます。それゆえプレハブ工法は不動産査定としては安価ではありますが、買い手もつきやすくお得な物件だともいえます。
不動産という動かないものを査定する不動産査定ですが、プレハブ工法という移動が可能な不動産査定がメジャーになっているというのは時代の流れとはいえ仕方ないことです。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp