価格査定マニュアル

 2014-02-10
宅地建物取引に関する実務用語の一つ。宅地建物取引業者が、宅地・建物の価格、評価額について意見を述べている際の査定根拠として用いられているマニュアルを指す。宅地建物取引業法では、宅地建物取引業者が媒介契約を締結する際、依頼者に対し、書面で交付することを義務付けており、目的物である宅地・建物を売買すべき価格・評価額は書面への必要記載事項である。
不動産の売却を検討する際、複数の業者に不動産査定をしてもらいますが、その際の内容や打ち合わせた内容等と、媒介契約時に用意されたこのマニュアルの内容に違いが無いか?もし、気になる場合は契約をする前にしっかり把握しておく必要があります。売価に大きく影響しますので、注意が必要です。分からないこと、気になる部分があれば、納得するまで確認するようにしましょう。
もし、不安に思うようであれば、別の不動産鑑定士などにも相談して、判断及び、理解することもありです。高額な商品ですので、中途半端な理解で、進めないようにしましょう。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp