居抜きとは

 2014-01-24   不動産 | 査定 | 売却 | 居抜き | 高額 |
不動産売却や不動産査定の方法として居抜きという方法が注目されています。不動産売却の居抜きとはどんなものかというと、これは飲食店などにおいて利用される方法のことです。前の店舗で使用されていたもので、不動産査定をおこない居抜きしそのまま利用するという方法になります。普通に取り壊すのはもったいないという人不動産売却をしてもそこまで高く売ることが出来ない場合、値段自分が思っている以上に高く売ることが出来るのが居抜きです。不動産査定をしっかりおこなえば居抜きをした際の売却料金も高くなります。
不動産売却で居抜きをおこなった方が良いのは、開店して1年から2年程度しかたっていない、新品同様で使える物件です。不動産査定をおこなえば居抜きが高い料金でおこなうことが出来ます。不動産売却で困っている店舗運営社の方は高額な値段で販売することが出来ますので一度居抜きを考えてみてはいかがでしょうか。逆に安く店舗が欲しい人には居抜きは大変魅力的なものです。

Copyright 2013-2017 不動産を査定する.jp